カードローンでキャッシングできる金融機関は、銀行系と消費者金融系と信販系に分かれているという話をよく聞きます。ローンカードを作ろうと思い、どのキャッシング会社にしようか迷っていて、CMなどでイメージの良い銀行系のプロミスに決めようとしたのですが、ちょっとした疑問が出てきました。

プロミスは消費者金融系だという記事をいろいろなところで見かけるのです。プロミスは銀行系だというのも見かけます。プロミスは銀行系なのでしょうか、それとも消費者金融系なのでしょうか?銀行系であればプロミスにしようと思うのですが。

プロミスは大手銀行グループの一員で消費者金融を行う会社です

プロミスは、大手銀行グループの完全子会社で、その意味では銀行系です。安心してキャッシングできる金融機関ですので、プロミスという選択に間違いはありませんね。ただ、それは銀行系だからというのではなく、あくまでもプロミスというブランドが信頼できるからというのがその理由です。

かつては、たしかに、銀行から借りるのは安心だが消費者金融から借りるのはあぶない、といったこともありました。でも、消費者金融業界は、急激な成長の中で、厳しすぎる取立てなどを続けるような企業が淘汰されてきました。今の消費者金融は銀行同様に安心して借りられるところがほとんどです。特に、大手銀行と提携しているような消費者金融であれば、万全ですし、対応などはむしろ銀行よりも丁寧でよい場合も多いのです。

プロミスは、大手銀行グループの一員で、大手銀行と提携以上に万全で、その意味でも安心できるキャッシング先です。でも、もし大手銀行の一員でなくても安心できるキャッシング先だということに変わりありません。大手銀行グループも、プロミスが信頼できる消費者金融であったからこそ、グループの一員として迎えたのですね。

キャッシング会社を銀行系、消費者金融系、信販系と分けている理由のひとつには、適用される法律が違うということがあります。銀行系は銀行業法ですし、消費者金融系と信販系は改正貸金業法が適用されます。この意味では、プロミスを消費者金融系というのも間違いではありませんが、プロミスが安心してキャッシングできる会社であることに変わりありません。

改正貸金業法には総量規制というのがあって、年収の3分の1を超える貸し出しが制限されます。でも、貸し出しが制限されるからといって、安心して借りられないということではありません。むしろ、借りすぎの防止になってよいかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
プロミスのカードが悪用されてブラックになることはない?

プロミスって銀行系?銀行系消費者金融が存在する意味って何?

プロミスって銀行系?そういえば最近は消費者金融も「〇〇銀行グループ」などといったように、広告の隅に書いてあります。プロミスは、書いてありましたっけ?

実はプロミスも銀行系です。三井住友銀行という、日本屈指の大手銀行のグループです。(こちらもご参考に→三井住友銀行のカードがあればプロミスで借りられる?)だからどうした、ということもないのですが、銀行系と聞くだけで、たとえ消費者金融であったとしても、少しは安心しませんか。

消費者金融と言えば、要するに、あのサラ金です。かつて世の中を騒がせた、怖い人たちの集団です。法外な利息を付けて、絶対に完済できないように仕組んで、半永久的に取り立てを続ける、といったイメージですよね。実際にはそこまで強引ではなかったとしても、サラ金地獄という言葉の示す通り、世の中のイメージがそうなっていたのです。

しかし、今や店頭を訪ねたり、電話をしてみたりすれば分かりますが、昔のサラ金とはずいぶん違います。みんな、きちんとしていて親切です。なんらその辺の有名企業の社員と変わりありません。消費者金融のこの変貌ぶりの一因となったのが、銀行資本の流入だったのですね。

三井住友銀行は、たくさんのグループ企業を抱えています。昔からある財閥系の企業で、社員教育もしっかりと行われています。グループの看板を汚すような傘下企業の存在を許さないでしょう。プロミスにも徹底した三井住友研修が入っています。
(⇒三井住友で借りるのとプロミスで借りるのどっちがいい?

ところで面白いのは、親会社である三井住友銀行でも、子会社であるプロミスでも、ともに同じ商品、すなわちカードローンを出しているということなのです。サービスの内容を見ると、それほど大きな差があるとは思えません。どちらか一方に絞った方が、人件費などの削減から経営効率はよくなるのが当然です。それでも両方から出すからには、何か意味がありそうです。

三井住友銀行で審査に落ちると、間違いなくプロミスを勧めてくるでしょう。銀行系よりも、消費者金融系のほうが、審査は少々緩いのです。親会社では貸付をできないけど、子会社ならば貸付が出来そうな顧客ならば、子会社に譲った方がグループ全体の売上には貢献します。そのために三井住友銀行はプロミスを手放すことはできないのですね。