三井住友カードを持っているのですが、プロミスで借入れできますか?

なくても借入れができます

プロミスは三井住友フィナンシャルグループですが、三井住友カードローンよりも審査が通りやすいのです。

利率は三井住友銀行カードローンの最高年利が14.5%、そしてプロミスは17.8%なのでほとんど変わりません。三井住友カードローンが落ちたからと言って諦めずにプロミスに審査を申し込むのも良いでしょう。

三井住友カードの保証会社はプロミスとなっており、プロミスの保証を受けることができたら三井住友カードを手に入れることができます。もちろん三井住友カードがあればプロミスでの借入れを受けることができます。

三井住友銀行の口座があるなら一度窓口で相談してみるのも良いですね。プロミスの場合は24時間対応のフリーダイヤルやインターネットでの借入れ申込や返済状況の確認などもできるので、プロミスでの借入れも便利ですよ。

無理なく楽しい毎日を送るためにもこういった借入れを利用するのもひとつの選択肢としてオススメします。

なお、プロミスではポイントサービス加入後初めての借入れで30日間利息無料というサービスがありますので、これをお得に利用するのも良いですね。

本人確認書類として免許証や健康保険証、そして所得の証明として直近2ヶ月の給料明細や最新の源泉徴収票を用意して問い合わせしてみるのをオススメします。分からない所は質問して、安心して借入れしましょう。

三井住友カードローンとプロミスの違いについて

三井住友カードローンとプロミスに違いはあるのでしょうか?どちらも三井住友のグループ会社なので同じなのかなと勘違いされる方も多いようです。この三井住友カードローンは基本的には三井住友銀行が運営をしています。

そしてプロミスは三井住友グループ会社ではありますが、消費者金融なのです。ちなみに、三井住友銀行のカードローンは有名な金融商品ですが、この金融商品では保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとなっています。

つまり三井住友銀行カードローンを利用して、万が一滞納してしまった場合には、保証会社でもあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが滞納の取り立てを行うことにあります。

これと同じ系列でアイフルという消費者金融がありますが、これは三菱東京UFJ銀行のグループ会社です。あとは説明しなくてもわかりますよね。銀行と消費者金融はグループ会社として機能しているのです。

ただ、勘違いしてほしくないのは滞納の催促をするのは消費者金融なので強引な取り立てなど怖い目に合わされるのではないかと勘違いされているかもしれません。しかし、最近ではそんなことは全くないので安心して下さい。

2010年に貸金業法が改正されました。その中の目玉は総量規制なんですが、他にも強引な取り立てや法外な金利を請求したりすることが一切禁止となりました。これに反してしまうと即刻営業停止を食らってしまいます。営業停止は金融会社にとっては大変ですよね。なので最近では消費者金融でもとても事務的に滞納の催促をしているようです。

ただ、そうはいっても返済の遅延は良いことではありません。規制が厳しくなったとはいえ、厳しく言われても仕方がないですよね。キャッシングやカードローン会社を利用する際には、返済計画をしっかりと作成しておきましょう。信用情報に自信がある方はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスではなく三井住友銀行カードローンをお勧めします。金利が低く設定されていますよ。

【参考ページはこちら】
プロミスと三井住友銀行の関係を教えて!