プロミスではブラックでも借り入れできるというコトを聞いたよ。大手消費者金融ではブラックリストに載っている人は借りれないというコトを聞いてたので珍しいと思って印象に残ってるよ。

事実、私もブラックリストに載っているんだよね。原因はスマホ利用料の延滞。スマホ代でブラックリストに載るなんて知らなかったから返済を後回しにしたのがいけなかった。ただ単に延滞代取られるだけなら別に少々いいかって思ってたんだよね。それなのにスマホ料金の延滞で信用情報まで傷つけてしまったよ。

もう、それに腹が立ってストレス発散に買い物しすぎたら今度はクレジットカードを使い過ぎたよ。踏んだり蹴ったりだね。仕方ないから支払いに消費者金融を利用しようと思っていたからブラックリストでも貸してくれるプロミスが丁度いい。ところでプロミスにブラック情報伝えるべき?どっちみち調べたら分かることだから必要ないかな?

プラス情報もマイナス情報も、情報は正確に伝える!

過去にキャッシングやカードローンなどの延滞や債務整理があるかどうかは信用情報機関に照会をするとすぐに分かること。しかし、だからと言って例えば他社から借入れをしているのに調べたら分かるからと思って他社借入欄に記入をしないのは審査に落ちる原因になります。

申込書に記入欄があるところは全て正確に記入しましょう。しかし、既に完済していたり、クレジットカードの延滞だったりする場合では記入する欄は無いのでブラック情報でも伝えることが出来ませんね。この場合ではプロミス側が信用情報機関に照会した時にチェックを行います。

プロミスはご存知の通りブラックリストに載っていても5万円などの小額なら借入可能なケースがあります。そのため「ブラックリストに載っているけど、通るなら誤魔化してしまえ」なんて思ったら審査に落ちます。誤魔化さずに正直に記入することが審査に通るポイントになりますよ。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査に必ず通れるコツってある?

プロミスにブラック情報伝える事でのメリット

消費者金融や銀行等の多数の業者が提供している個人向けのカードローンはキャッシングと呼ばれており、多くの人が利用している商品です。これらの商品の魅力は簡単な手続きで利用できるということであり、急いでいる時に向いている内容です。キャッシングがすぐに利用できるのは、信用情報機関への照会が中心というスピード審査を実施している事が理由となっています。

信用情報機関には多数の業者の利用履歴が記録されており、短時間で詳細な内容を知る事が出来ます。このために、審査に申し込みを行った際に少しでも良く見せる事を目的として虚偽の内容を記入しても効果は全くありません。キャッシング審査で特に重要となるのが他の業者からの借入ですが、残高だけではなく申し込みを行った日や現在までの返済状況についても記録されています。

返済に何度も遅れたり遅れたまま放置したような記録は、事故として扱われます。これらの事故と共に借金を法律に則った方法で軽減する債務整理を行った場合は、ブラック情報として記録されます。ブラック情報が記録される期間は、内容により違っています。最長は自己破産という借金を完全になくす事が出来る債務整理を行った場合で、10年間は記録が削除される事はありません。
(⇒自己破産者でもプロミスで借り入れできるの?

ブラック情報が記録されている間は、信用情報機関に加盟している業者からの新規借入は出来ません。キャッシングは担保や保証人を必要としない商品であり、業者側には常にリスクが発生しています。返済が困難となった場合の保障がないということであり、過去に事故を起こして日数が経過していない人に対してのサービスの提供はリスクをさらに高めるという事になります。信用が回復するまでには、ある程度の時間の経過が必要となります。

信用情報機関への照会という極めて短時間で行える手法を取り入れているので、事前に申し込み者の側が伝えるという必要もありません。例えばフリーキャッシングに申し込みを行った場合に、申し込み者の側からプロミスにブラック情報伝える事により獲得できるメリットはないという事です。