自己破産者ですが、プロミスでの融資は可能でしょうか?破産当時は職を失いどうにもできず、自己破産の形をとってしまいました。しかし、以後仕事にも就き返済もプランできるほどに家計的にも回復したつもりです。ただ新しいものをはじめるにあたり資金として融資を希望しています。このようなケースでもプロミスさんからの融資は可能でしょうか?

自己破産後の融資は5-7年経過してからでないと難しい

回答からするのであれば自己破産の場合の融資は受けることはできないことになっております。申し込みをされても申し訳ございませんが、受理できない場合がございます。また自己破産の暦は、5年から7年という長い期間の間情報が保管されるためにたとえ内密にしていても、隠し通すことはまずできません。

しかし、破産保有期間の間に建て直しこの期間を超えて、情報がクリアーになっている場合は融資が可能な場合がございます。自己破産した場合、たとえそれが消費者金融であっても破産直後に融資はできません。かといって破産者でも融資するという闇金の存在はもしかしたらあるやもしれませんが、闇金はサラ金と同じくして法律のもとに正しい融資をしてくれるとはかぎりません。

ですから、自らを更なる破綻へと落としてしまう可能性があります。消費者金融だから、普段無担保と保証人なしでも借りられるから破綻後でも借りられるという噂にはなりますが融資をすることはまず出来ないことを理解ください。

そうならない為にも借りすぎないことと、返済プランをしっかりすることが大切なのです。

【参考ページはこちら】
どんな属性の人に対してもプロミスの審査は甘い?

プロミスは破産者融資をしてくれる消費者金融ですか?

自己破産とは、借金の返済が出来なくなって、裁判所に申請して借金の支払いを免責してもらえるようにすることです。それで自己破産者はもう借金の返済をしなくていいけど、借金は債権者が放棄しない限り残ります。そして信用情報機関にも破産者としての情報が載るので10年はどこからも借りることは出来ないということです。

ただ、破産者だから融資をしてはいけないという法律はないから、破産者融資をしてくれる金融機関は有るでしょう。しかしプロミスは貸すようなことはしないでしょう。
(⇒ブラックになるとプロミスや銀行で借りられない?

プロミスには破産者融資をする必要性が有りません。業界二位で顧客は十分に居ます。あえて破産者にまで融資をするほど貸出先に困っている訳では無いです。そして破産者には金利を上乗せして融資をすればメリットが出てきますが、利息制限法で貸出金利の上限が決まっています。だから上乗せの余地が無いです。

破産者に融資をするメリットはなく、逆に延滞して債務不履行になる可能性が高い人には、今の金利では貸せません。だから信用度からいって、破産者が融資を受けるにはローン契約時の収入の倍以上の収入が無いと、返済が滞って債務不履行になる恐れが有ります。

破産者によっては、失業とかで不本意に債務不履行になっただけで、生活に問題がなければ、借金を返済し続けられたと言いたい人も居ると思います。しかし貸金業者からしてみれば、そういう状態になるような人はまた同じことを繰り替えすと、いうことで信用できないと、貸し出しに応じません。

そして、実際にまた金を借りたくなるような生活をしているので有れば、金を借りればまた同じことを繰り返すことが、火を見るより明らかです。貸金業者にしてみれば、また自己破産しそうな人に融資など出来ませんから。

プロミスは破産者融資をしません。破産者に融資をするメリットはなく、デメリットしかないのであれば、わざわざそんなリスクを取りに行かずに普通の人に融資をします。