事業を始めたのですが、なかなか上手くいかず苦戦しています。取引先から急に「今月はちょっと商品代が支払いできないから来月で勘弁して」とか言われたり、思っていたよりも在庫がはけず商品がそのまま会社に置いてあったりで収入が増えません。

それなのに仕入れ先にはお金を払わないといけないし、手伝ってくれているパートさんには給料を払わないといけないし、出費は毎月確実にある。こんな時には運転資金を借り入れして事業を回さないといけないんだろうけど、借り入れ先にはプロミスビジネスローンのような消費者金融のローンと銀行のビジネスローンではどっちがいいものかね?どんな違いがあるの?やっぱ銀行の方が安心して借りれるのかね?自分のようにすぐにお金が必要という時にはどんな借り方があるの?

急な借入れにはプロミスビジネスローン

プロミスには「自営者カードローン」というビジネスローンがあるね。これが便利なんだよ。銀行のビジネスローンだと申し込んでから借りるまでが時間がかかる。明日お金が必要と思っても急には借りることが出来ないのが現状。その点、プロミスビジネスローンなら即日融資にも対応してくれる商品だ。だから、すぐにお金が必要という時にはプロミスビジネスローンが便利だよ。

他にもビジネスローンなのに事業資金以外にも私用でお金を借りてもいいんだよ。だから、これ1枚持っていたら仕事用と私用で2枚カードローンに契約する必要が無いのが嬉しい。ただし、申し込む時には書類が3点必要になるけどね。事業用としても使うから確定申告書とか青色申告決算書などの収入証明書、営業許可証や納品書、請求書などの事業実態を証明できる書類、あとは免許証とかの本人確認書類だよ。

書類を集めるのは手間がかかるけど、銀行のビジネスローンに申し込むことを考えたら書類を簡単に集めることが出来る。だから、金利よりも即日融資に重点を置くならプロミスビジネスローンに申し込むといいよ。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査と職業に関するおすすめ記事

事業性資金で利用できるプロミスビジネスローン

消費者金融のサービスの中心である個人向けの無担保ローンは、個人の使用を目的とした商品です。生活費や遊興費などの様々な場面で利用する事が出来ますが、事業性資金での使用は認められていません。個人の利用を前提としているので、審査は申し込み者の利用履歴が中心となります。事業内容についての審査は行われないという事が、事業性資金での利用が認められない理由です。

大手消費者金融業者のプロミスでは、個人向けの無担保ローンと共に事業性資金としての利用が可能なプロミスビジネスローンである自営者カードローンという商品を用意しています。貸付対象は満年齢20歳以上65歳以下の自営者の人であり、事業性資金と生計費での使用に限定した内容です。審査の申し込み時には、運転免許証や健康保険証、パスポート等の身分証明書と共に、収入証明書類と事業実態を疎明する書類とが必要となります。

収入証明書類は証明年度が前年度分の確定申告書か青色申告決算書又は収支内訳書であり、事業実態を疎明する書類は有効期限内の営業許可書、受注書、納品書、発注書、領収書、請求書、発行日が直近1年以内の報酬明際に関する書類です。担保や保証人は必要がありません。

申し込みは、店頭窓口、自動契約機、電話、郵送という方法が用意されています。審査と契約とを一度に行う事が出来る店頭窓口と自動契約機からの申し込みの場合は当日利用も可能です。いつ訪れるかわからないビジネスチャンスに対応出来る商品です。融資最高額は300万円であり、希望額が50万円以内の場合は他社借入残高等の状況により、確定申告書などの書類の提出が不要となるケースもあります。

自営者カードローンは、個人としての利用も認められています。事業性資金として以外にも様々な利用が可能です。利用可能額の範囲内であれば、プロミスのATMやコンビニエンスストアーなどに設置されている提携ATMで繰り返して入出金を行う事が出来ます。利用上のルールは、毎月5日、15日、25日末日の中から選択した返済日に指定の金額を遅れずに入金するという事です。ルールを守っての利用を継続させる事により、利用額を増額させる事が可能となります。