プロミスから利息17.8%で50万円、他の消費者金融から利息18%で45万円、あとは三井住友銀行から利息14.5%で55万円の合計3社から150万円借入れしています。毎月4万円を返済に充てているのですが、もっと効率よく返済がしたいです。頑張れば45000円は返済できると思うので、どこの返済を増やすべきですか?

一社にまとめようと思って金利の低い銀行カードローンに申し込みをしてみたら利用限度額30万円、利息17.8%で可決となり、あまり意味がありそうにないです。自分としては消費者金融2社分の95万円は最低でも借りたいと思っていたので結果にガッカリしました。この場合でも30万円の借入れをして金利18%のところに返済をして0.2%でも低く返済した方がいいのでしょうか?それとも他の消費者金融とプロミスから三井住友銀行に借り換えてまとめることはできますか?

複数社の借入れは一社にまとめると返済がラク

新たに申し込みをした金利の低い銀行カードローンですが、利用限度額が30万円で金利も0.2%しか変わらないというコトなので、一年間の金利の差は600円です。そうなると月に直しても50円しか変わらないので今までと比べてもさほど変わらないですね。借り入れ先が増えてしまう分、返し忘れなどのリスクが増えてしまいます。

三井住友銀行カードローンにおまとめ目的で借り換えの相談ができると一番いいですね。金利も100万超200万以下の借入れでは10%~12%となっているので、高くても12%へ抑えることが可能になります。
(⇒プロミスと三井住友銀行、どっちで借りるのがいい?

150万円を金利12%で月45000円ずつで返済していくと41回払いで完済できます。約3年半で完済できるということは現実味がありますよね。年収や勤続年数などが不明なので審査がどうなるのかは不明ですが、おまとめ目的で借り換えすると返済がラクになりますよ。

プロミスから三井住友銀行を利用することができる!

プロミスから三井住友銀行を利用したいと考える人もいるかもしれません。プロミスと三井住友は提携関係にありますので、そのような利用の仕方は十分可能です。例えば、プロミスの借入を提携先の銀行、つまり三井住友銀行で行うこともできるのです。もちろんそれができるのは三井住友銀行だけではありません。

コンビニATMも含めて多くの提携先があり、三井住友銀行をはじめ、イーネット、セブン銀行、ローソンATMなどがあります。キャッシングと返済の両方が利用可能なところは、熊本ファミリー銀行、第三銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、福岡銀行、東京スター銀行などがあります。また、セブン銀行も利用できます。

キャッシングのみが利用可能な提携先としては、広島銀行、親和銀行があります。提携先を利用するときは、手数料と利用時間をあらかじめチェックしてく必要があります。このように、プロミスATMでも、提携ATMでもキャッシングが利用できることは大きなメリットです。

利用可能なATMについては分布も大切です。数が多くても、自分が利用したい時に近くにATMがなければ意味がありません。ATM利用の利便性を上げるためには、どこに利用可能ATMがあるかを把握しておくことです。出張などで急な入用が発生した場合、付近に利用できるATMがなければ意味がありません。
(⇒プロミスならATMで千円から借り入れできる?

また提携ATMを利用するときは、借入・返済を行うたびに利用手数料が必要になります。借入時に発生する手数料の支払いは、次回の返済時に支払うことになります。返済時の手数料は、返済するときに合わせて支払いを行います。

プロミスで借入を申し込むときには、審査に通過しなければなりません。審査では、返済能力があることと、身分証明ができること、他社からの借入状況などがチェックされます。返済能力については、特に現在の年収がチェックされます。年収が多ければ返済能力があると判断されますが、少なければ返済能力がないと判断される可能性があります。

身分証明は、保険や、住所、携帯電話など連絡がとれることが確認されます。他社からの借入状況は、個人信用情報センターで調査することができます。

【参考ページはこちら】
初めてプロミスで借り入れする方におすすめ記事