プロミスのカードが財布からなくなっていました。いつなくなったのか全く分かりません。今日、返済がされていないという電話がかかってきたので借りていないのに変だと思って確認したら誰かが利用していたようです。カードは財布に入れっぱなしで意識していなかったのでなくなったことには気づきませんでした。

プロミスに確認してみた内容は以前借り入れして完済したのが半年前で、私はそれ以来借り入れをしていません。しかし、次の月から1万円借りて翌月には1万円返済。そしてすぐに1万円借りてその後は利息だけの支払いで現在15万円の借り入れとなっているようです。

こういう時には身内や親戚が怪しいというアドバイスをいただきました。本当に悪用する時には一度に限度額を借りて借りっぱなしで返済を行うことは無いそうですね。

アドバイスを受けて、身内ということで一緒に暮らしている父に確認をしてみると父が原因でした。こういう身内が起こした時には悪用されてブラックになったりしないのですか?普通に延滞というコトになるのですか?

一度の延滞ですぐにブラックになる事はありません

一度延滞をしたからと言ってすぐにブラックになるわけではありません。ブラックは何度も繰り返し延滞をするか、長期間の延滞をした場合には、支払う意思がないという判断をプロミスが下し個人信用情報へ登録されることになります。そのため、いきなりブラックになるということは無いでしょう。
(⇒ブラックリストでもプロミスなら借りられる?

財布からカードがなくなっても気づかないというのは管理が甘いですよ。カードの管理はしっかりしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスは自己破産者でも借りられるところ?

プロミス悪用されブラックカード対処は早く行うこと

人間というのはどうしても清く正しく生きていけるわけではありません。自分の欲望に他人を巻き込んでしまうことがあるように、他人が自分をまきこむことも多々あります。金融サービスでも同様に、他人の悪意によって自分が不利な状況になってしまうことがあります。

クレジットカードは自由にお金を支払うことのできる便利なサービスの一部であります。そして自由ということは、どうしても自己責任の範囲が大きく、他人の悪意に巻き込まれやすいということでもあります。

プロミス悪用されブラックカードになってしまう、という状況になってしまうということもあります。家族や友人にカードを無断で使用されていしまい、お金の返済が遅延してしまい、ブラックリストに載ってしまった。そういう事例が多々あるのです。こうした時に後で自分は被害者で何も悪くないのでブラックリストを解除してくれといってもできないのです。

そもそも、ブラックリストというものはありません。借金返済の遅延や返済できなかったといった情報は事故情報と呼ばれ、その情報は、日本に3社ある信用情報会社と呼ばれる会社に保存されています。そこから各会社は情報を提供してもらい、審査などをします。プロミスも例外ではありません。そこにクレジットカードで借金の延滞を行ったという情報を得た場合、いわゆるブラック状態となるのです。
(⇒ブラックでもプロミスで借り入れ可能?

会社の立場はどちらかと言えば傍観者ではなく、被害者の立場になります。Aさんが本来お金を使うはずの契約がBさんに使われた挙句返済の遅延をされた、という状況は詐欺にあったも同然であるからです。ですからわざわざAさんの遅延したという情報を変える必要があるわけではないのです。

なので、もしそういった状況になってしまったのなら、すぐさま弁護士に依頼し、裁判所を通じて命令を行ってもらうべきです。事故情報は大体5年間は消えません。ローンもクレジットカードも使えなくなってしまうので、迅速に法律の専門家に問題の解決を依頼しましょう。