プロミスに今度申し込もうと思っています。ネットで色々調べましたが、良い口コミもあれば、悪い口コミもあり、いったいどういう会社なのか分からなくなってしまいました。本当のところはどうなんでしょうか。

プロミスの評判は上々です

人によって印象や基準が違うので、口コミが辛口になったりしてしまうのは仕方のないことです。しかし、プロミスは大手キャッシング会社の一つ。三井住友フィナンシャルグループの子会社ですので、三井住友銀行とも提携しているしっかりした会社です。(こちらもご参考に→プロミスって銀行系?消費者金融?

申し込みも電話から専用契約機、インターネット受付と幅広く、受付オペレーターの対応も非常にしっかりしていると評判です。キャッシングというと、電話が怖いという印象がありますが、そこは大手、オペレーター対応の教育も行き届いています。

また、契約後にプロミス会員になると、30日間無利息サービスという特典を受けられます。他にも、ポイントサービスなどもありますので、会員になっておいた方が何かとお得です。もちろん、会員にならなくてもキャッシングは可能です。

さらに、全国に提携ATMがあるため、どこにいても借入、返済が可能!これも大手ならではの便利さです。出張先や旅行先で手持ちが心細くなった時には、大いに助かりますね。

口コミに振り回されるより、実際にお申込みいただいた方が、プロミスの良さを実感できるでしょう。百聞は一見に如かず、です。

【参考ページはこちら】
プロミスの評判に関するおすすめ記事はこちら

プロミスの評判、およびその客観的な事実について少々

消費者金融がいかに健全な企業になったとは言え、かつてのサラ金です。ある程度の年齢以上の人ならば、大なり小なり「怖い」という印象を取り除くことができないでしょう。しかしながら、どうしても利用せざるを得ないことになったら、頼るのは評判しかありません。最近ではインターネットに情報が氾濫しています。調べようと思えば、消費者金融の評判など、いくらでも調べられます。

とは言え、インターネットの弱点は、そのほとんどが匿名であるという点です。匿名性ゆえに、極端な議論や、感情を元にした意見など、かなり主観に偏ったものとなっています。特に消費者金融の場合は、上手に借りて上手に返した人など、何も口コミを各必要はありません。自分の用事は済んだのですから。問題は、用事が済んでいない人たちです。つまり、審査に落ちた人たちです。

審査に落ちれば、腹が立ちます。自分のせいとは言え、それを認めたくありません。そのため、感情をオブラートに包んだ怒りの主観的意見が、論理的に展開されます。これが評判の種となり、幹を伸ばし、枝葉へ成長します。要するに、嘘が拡大して評判となるのです。(こちらもご参考に→プロミスって闇金融じゃないよね?

ここでは、あくまでも客観的に見てみます。プロミスの客観的な情報としては、まず、他の消費者金融に比べて、間口が広いのは事実です。申し込み条件が「安定収入」だけです。他の消費者金融のような「当社基準」といった曖昧な表現は使っていません。

また、30日間無利息という型破りなシステムを、頑なに続けています。顧客を確保するためとはいえ、企業努力としては相当なものでしょう。その証拠に、他の消費者金融では一切マネしていません。
また、最低金利も頑張っています。アイフルと並んで、4.5%と業界最低金利を維持しています。
(⇒アイフルとプロミスのキャッシングを徹底比較!

こうして見てみると、あくまでも客観的情報としては、利用者にとってみればプロミスが他の消費者金融から一歩も二歩も抜きんでている、と言わざるを得ません。プロミスの悪評を訴える人は、恐らく他の消費者金融でも審査を通過していない人でしょう。

まずは各消費者金融の客観的な情報を正確に調べることです。その上で、自分のニーズに合ったシステムの業者を選びましょう。くれぐれも、妙に感情的な評判などは参考にしないほうが良いでしょう。