10年ちょっと前に自己破産し、免責を受けている者です。破産したこと自体は恥ずかしいことだと思っていますが、それ以来、心を入れ換えて生活してきたつもりですし、ギャンブルもやっていません。ギャンブル依存症は必ず再発するといわれますが、今まで大丈夫ですし、むしろギャンブルに嫌悪感さえ持っています。社会復帰できたと思っています。

ある程度収入が安定してきたこともあり、生活の備えのつもりでプロミスのカードローンに申込もうと思ったのですが、破産者名簿に載っているのだから無理だと知人はいいます。自己破産した人間は、プロミスから借りることができないのでしょうか?

自己破産していても、プロミスから借りられます

自己破産で免責を受けている人にお金を貸したがらないのは、どの金融機関でも同じです。もちろんプロミスでもそうだと思います。これは、しかたないのですが、だからといって絶対に借りられないというわけではありません。10年前の自己破産したあなたと、今のあなたは違うのです。

まず、破産者名簿に載っているというのには、誤解があると思われます。10年前の自己破産であれば既に抹消されているはずだからです。たしかに、自己破産すると本籍地の市区町村役場の破産者名簿に記載されますが、免責許可から数ヶ月で抹消されることになっています。それに、一般の人は破産者名簿を閲覧することができません。

官報にも載りますが、官報のバックナンバーを10年以上前までさかのぼって自己破産者をさがすことは、プロミスでもやっていないはずです。これはプロミスの審査が手抜きだというわけではありません。10年もすれば人も変わるだろうし、変わるチャンスを潰してはいけないという考えからだと思います。
(⇒金融事故に対するプロミスの対応は厳しい?

ですから、たとえば2年前の自己破産となれば話は違います。消費者金融系の信用情報のデータベースには5年分の記録がありますし、銀行系の信用情報データベースには10年分の記録があります。プロミスはこのデータベースを検索し、ヒットすれば、最近自己破産した人なので貸せませんということになるでしょう。これは他の金融機関でも同じです。

あなたの場合は、10年以上前に自己破産ということなので、プロミスへの申し込みは可能です。現在のあなたの諸条件が審査の対象となります。現在の年収や勤務先、勤続年数、居住年数などなどですね。

【参考ページはこちら】
プロミスは取り立てとかない?大丈夫?

過去に自己破産をしててプロミスに申し込みすると

過去に自己破産している人は基本的には債務は免責になりますが、名前がブラックリストに残りますので自己破産してから約5年ほどは借金は出来ないのは裁判所からの制限ですのでその期間を過ぎたら、申し込む事は可能になりますがブラックリストに名前が残っている以上その状態では幾ら申し込んでもおそらく審査は通る事は無いでしょう。

それにプロミスは消費者金融の中でも大手ですし、親銀行が三井住友銀行ですから審査は消費者金融の中でも多重債務者や過去に自己破産してブラックリストに載っている人に対してはかなり厳しくなると思われます。しかし融資を受けるのにも抜け道も幾つか有るのは事実で、その手法を使って過去に自己破産した人でも制限期間を過ぎてから融資を受けている例も有ります。
(⇒プロミスにブラック情報を伝えるべき?

それは養子縁組や婿養子に入る事で苗字を変える事で、氏名の上では別人扱いになりますので新しい名前で申し込むと審査が通る事も多く見られます。しかし養子縁組や婿養子に入る相手がいればの場合ですが、ブラックリストのデータ上の扱いは自己破産した時の氏名で掲載されていますので、新しい名前でブラックリストや自己破産した事を告げなければデータ上では別人になりますので別人として審査が行われます。

しかし本来はしてはいけない事なので止めるべき事ですがもし申し込む際には注意点が幾つか有りまして、それは現在は殆ど見られませんが、店舗で申し込む際には以前に申し込んだ店舗には顔を覚えている従業員がいるかもしれませんので別の店舗に行った方が良いでしょう。

しかし現在は多くの消費者金融がインターネットで申し込みが完結しますので顔を見られる事は有りませんが、インターネットで申し込む時にも注意点が有りまして、それは過去に申し込んだ時や自己破産の時に使用した電話番号やメールアドレスを使用するとすぐにばれてしまいますので、融資を申し込む時は基本的には自己破産せずに完済してから融資を申し込んだ方がブラックリストに載っていてもそちらの方がいいでしょう。