うつ病と診断され、しばらく療養生活を続けていました。うつ病はけっこうありふれた病気で、かなりの人が一生のうちに一度くらいは経験するものらしいのですが、偏見が多い病気でもあります。前の職場には居づらくなってしまい退職したのですが、全快したこともあり、新しい就職先もみつかりました。

療養生活が長かったこともあり、生活資金が不足しており、キャッシングしようと思うのですが、少し不安です。テレビのCMをみてプロミスに申込むつもりなのですが、もし返済が遅れたときに強引な取立てが始まるのではないかと不安で躊躇しています。

うつ病の後遺症で過敏になって不安がっているわけではありません。昔、子どもの頃、丸坊主にサングラススタイルの人が祖父の家に借金の取立てにきていて、夜中なのに大声で怒鳴っていたのを覚えているからです。プロミスは大丈夫でしょうか?

プロミスは大丈夫です。無謀な取立てなどはしません

過去には、消費者金融や信販系のローンの借金取立てが問題になった時代がありました。今もいわゆる闇金から借りた場合には同じようなことが行われているのかもしれません。でも、今の大手消費者金融では、そんな心配は不要です。悪質な消費者金融業者は淘汰されていますし、取立てに関連した法律も厳しくなっているので、普通の消費者金融から借りて、万一返済が遅れたときの心配をする必要はないです。

テレビCMで知られるような大手消費者金融の場合は、更に安心です。窓口対応や電話対応などは、銀行以上に丁寧で心地よいことが多いです。大手消費者金融が大手になれたのには、この安心を大切にしてきたからでしょう。
(⇒プロミスの悪い口コミは少ないってホント?

プロミスについては、二重の意味で安心です。ひとつには、テレビCMで知られるような大手消費者金融であることです。ネット上の口コミ情報をチェックしても、かなり良いキャッシング会社であることがわかります。もうひとつは、大手銀行グループの一員であるということです。プロミスは、大手銀行グループの消費者金融を担当する完全子会社のブランド名なのです。プロミスが行き過ぎた取立てをすることは、決してありません。

借金を行う時に消費者金融のプロミスは大丈夫か

借金を行うという事は必ず返済を行う必要がありますし、返済出来ないと社会的に信用を失う事にも繋がりますから、必ず完済出来る範囲での借金を行う事が望ましいです。借金返済可能かどうかを計画を立ててから、いくらまでなら借り入れを行っても返済で生活を圧迫しないか知る事も大切です。

可能ならば利息負担が小さい所で、なるべく低金利で借り入れが出来る銀行を使うという方法もありますが、審査が銀行よりも柔軟な消費者金融を使うという方法もあります、消費者金融の場合は審査が柔軟ですが、利息が高くなる傾向にありますから、計画的に借金を行う必要がありますし、有名では無い小さい業者では、法律の範囲ではない取引を行っている場合もありますから注意が必要です。
(⇒プロミスの金利を下げたい時にするべきこと

有名な業者であるプロミスは大丈夫かどうかというと、消費者金融大手の場合は確実に法律の範疇での取引を行っていますから、ルール通りに利用すれば安全です、プロミスのような営業経験も豊富な消費者金融で違法行為はありえませんし、契約ルール通りに利用すれば安全と言えます。

もちろん契約に従って返済する必要がありますから、必ず審査申込を行う前に借金返済出来るかどうかを確認するようにして、返済計画を立てて完済への見通しが立った場合に利用する事が望ましいです、プロミスのような大手はネットでの申込環境も整っており、直接店舗に行く事もなく申込が可能になっています。

インターネットの接続する環境と、携帯やパソコン等の端末があれば、業者のページにアクセスして簡単に申込を行えるようになっています、申込から審査だけでなく、キャッシング振込や返済まで出来るようになっていますから、非常に便利です。

直接店舗に行った場合はカードを受け取る事が出来ますし、ネットからの申込の場合は、後日カードを郵送で受け取る事になりますから、それまではネットを使って取引を行う事になります、すぐにカードが欲しい場合は、直接店舗に行くと良いです。

【参考ページはこちら】
プロミスはサラ金だと思ってたけど違うの?