借金について詳しくないのでご存知の方教えて下さい。プロミスでの借り入れは証書貸付というものになるのですか?もし違うなら証書貸付とは何で、どう言ったコトを指すのでしょうか。

私がお金を借りる目的としては生活費の補てんです。どういった借入れが適切になりますか?証書貸付というものになるのですか?

生活費補てんなら自由に借入れができるカードローンがオススメ

証書貸付とはお金を借りる時に「金銭消費貸借契約書」という借用書を作成してその中に借り入れ金額、金利、期間、返済方法などを明記して連帯保証人の署名、捺印をしたうえで銀行へ差し入れる仕組みになります。

銀行と細かい条項を決めることによって契約が成立となります。基本的には1年以上の長期間の借入れを行う時に使いますよ。主に中小企業が銀行から資金調達や資金繰りを行う時の融資方法として使います。

個人が比較的カンタンにお金の借り入れの契約を行おうと思ったらプロミスなどの消費者金融のカードローンがおススメです。生活費の補てんでは今回に限らず、またいつ借入れが必要になるのか分かりませんよね。そういった時に何度も契約をする必要もなく一度利用できるようにしておくと利用限度額まで何度でも自由にお金を借りることができます。
(⇒プロミスの審査に通るか不安な時は

返済方法は借りるところによって違いますがプロミスならATMから返済したり、銀行振り込みを利用したり、口座引き落としを利用したり、自分の都合に合ったものを選ぶことができます。お金に余裕がある時には繰上返済をして完済日までの期間を短くすることもできるので融通がきいて返済も楽ですよ。

【参考ページはこちら】
プロミスなら法人融資も受けられる?

プロミスの証書貸付の優位性と利便性について

プロミスはキャッシング・サービスやカードローンで有名な消費者金融ですが、証書貸付についても実績が多数あります。証書書付はカードローンやキャッシング・サービスとは違い、決まった金額を一度の借り、定期返済していく借りたかです。

証書貸付の場合、担保を取ることもできるので他のサービスよりも高額な金額を借りることができることもあります。証書貸付はこれまで金融機関が多くの実績がありましたが、消費者金融でもサービスとして実績を増やしています。また、これまで銀行では融資しづらかった方々にも保証会社として参加することで利用の幅を増やしています。

金融機関が証書貸付を行う際、社内規程で審査を行いますが、一定以上の定期収入があるか、担保が充実していることが必要でした。そのため、自営業者や個人事業主は利用することが難しかったようです。保証会社としてプロミスなどの消費者金融が参加することで自営業者や個人事業主でも利用できる証書貸付も増えており、今後ますます契約は増えると期待されています。
(⇒プロミスの審査と職業の関係についてもっと詳しく

プロミスが主に行っているキャッシング・サービスやカードローンは利用限度額が設けられますが、証書による場合は一度に借りることになります。一見、自由度がある方がよいと考える方も多いと思いますが、金利が優遇されていることもあり、証書による貸付は重要です。

キャッシング・サービスやカードローンで金利を抑えるためには翌月一括払いを選択するか、分割払いを選択することになりますが、借入額が大きい場合は返済の負担が大きくなるため、オススメなのはリボルビング払いです。リボルビング払いは借入、返済のそれぞれで残債に対して金利の計算を行います。

分割払いも残債について金利計算しますが、借りた時だけです。そのため、リボルビング払いは不定期に不定額を繰り上げ返済することができます。仮い入れ当初は金利の面で他の支払いよりも不利ですが、繰り上げ返済をどんどん行えば他の支払い方法よりも有利になることが多いようです。