借入を検討しているのですが、レイクとプロミスのどちらにしようか迷っています。金利は違いますか?

結論はあまりかわりません

初めての借入の場合、どちらも30日間無利息のサービスを実施しています。さらにレイクの場合、上限5万円までは180日間利息無料というサービスもあるので、小額の場合はそういったサービスを利用するのも良いですね。

ただしプロミスは初回借入時から30日間になるのに対して、レイクは新規申込から日数をカウントされるので借入をする予定がない場合はまだ申し込むのを待った方が良いでしょう。 気になる金利も4.5%から18%程度までとほとんど変わりません。また、上限も500万円までなのでどちらで借りてもあまり変わりません。

さらに、どちらもコンビニのATM手数料が無料だったり、インターネットバンキングの口座があればスムーズな借入ができます。どちらもユーザーの声をしっかり取り入れた親切な企業ですね。

審査もインターネットや窓口でもできますのでまだ借入をしたことがない人でもすぐに審査を受けることができます。他社からの借入がないこと、現在収入があること、そして過去に返済が延滞したことがないという方は問題無く借入ができるでしょう。

どちらも審査はスピーディーなので、まずは審査を受けてみるのをオススメします。気になる返済方法は残高に応じて返済していく方法と、残高に関係なく毎月一定額を返済するリボ払いがあります。自分のライフスタイルに合わせて借入と返済をしていくのが何より大切です。分からないところはまずは電話で問い合わせてみましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスって審査がゆるいってホント?

プロミスとレイクの金利の違いってあるのですか?

プロミスとレイクの金利を比較してみると、新生銀行グループのレイクは実質年率4.5%から18%、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの実質年率は4.5%から17.5%となっています。

ちなみにどちらのカードローン会社も最大融資額が300万円となっているので、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと新生銀行グループのレイクで金利を比較すると、プロミスのほうが実質年率は低いと言えるでしょう。
(⇒プロミスとレイク、どっちが審査甘い?

この2つの金融会社は、無利息期間という金融商品を用意しています。これは文字通り、無利息期間内にお金を返済すれば事実上、利息を払うことなく借入金を返済することができるので、かなりお得なサービスと言えるでしょう。

ただ、間違ってはいけないのが、無利息期間内に返済できない場合には、絶対に無利息キャッシングは借り入れしてはいけません。なぜなら長期で借り入れを行う場合には、当然利息も多めに支払わなければなりませんよね。

この無利息キャッシングは通常の金利よりも高く設定されていますので、長く借り入れをしてしまうと結果として利息を多く支払うことになるからです。なので長期での借り入れを希望の場合には必ず無利息ではなく普通の金融商品で借り入れを行ってくださいね。

注意点としては、新生銀行のレイクでは、実際に借り入れはしていないのに契約しただけで無利息期間が経過していきます。つまり、借り入れをしていないのに無利息期間が経過してしまうので、新生銀行系よりも三井住友銀行系の方がう有利に借り入れができますよ。あなたの都合に合わせて金融会社をチョイスしましょう。

プロミスとレイクは、どちらもテレビコマーシャルでもおなじみの大手の消費者金融です。どちらも信頼はありますので安心して借り入れを行って下さい。審査スピードについてですが、どちらも早いので、午前中に融資の申し込みを行えば、審査に問題がなければ間違いなく即日融資が可能になります。
(⇒レイクとプロミスのキャッシングは何が違う?