プロミスを使っています。きちんと計画を立てて、順調にお金を返せているので、今度、利用可能限度額の増額をお願いしようかと考えています。そのとき、気をつけたほうがいいポイントがあれば教えてください。

「自分の状況の正確な把握」と「不要なキャッシング枠」です

プロミスに限らず、キャッシングサービスにおいて、借入可能金額の増額を行う場合、新規で借入の申請を行うときと同じように、審査があります。では、この審査に通るためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。まず、一番に考えなくてはいけないのは、「借り入れた金額を返し忘れていないかどうか」ということです。

借入を行ったものの、そのお金を返していない、ということがあれば、当然、借入可能金額の増額などできそうにありません。もちろん。「自分はちゃんと返している」という自信があるならそれはそれでいいのです。しかし、「あれ?自分ちゃんと返したっけ?」と少しの疑問でも残っている場合には、消費者金融の会社(ここではプロミス)から利用明細書を取り寄せて、今一度確認しましょう。

万が一、返し忘れたお金があったなら、早急に返済することをオススメします。次に考えなくてはいけないのは、「他社での借入実績」です。言うまでもないことですが、消費者金融の会社が一番恐れているのが、「貸したお金が返ってこないこと」です。他社で借入をしている、ということは、それだけ貸したお金が返ってこないリスクも高い、とみなされてしまいます。

また、貸金業法との関連でいうと、「総量規制」すなわち、「年収の3分の1までしか借りられない」という規制に引っかかってしまう場合、増額をすることはもちろんできません。ここで、他社での借入実績に影響するかもしれないポイントが一つあります。クレジットカードのキャッシング枠も、この借入実績の審査に影響してくるといわれています。(こちらもご参考に→プロミスは総量規制の対象なの?

もし、あなたがクレジットカードを持っていて、そのキャッシング枠を使っていないというなら、カード会社に電話をしてキャッシング枠を0円にしてもらいましょう。これだけで審査に通る確率はぐっと上がります。そして、忘れて欲しくないのは、「新規に申し込んだときと自分の情報が変わっていないか」ということです。

これはどういうことかというと、新規に申し込んだときから勤務先の会社が変わった、収入が変わったなどの変更があった場合、消費者金融の会社に対して申告することが必要になる、ということです。もし、これらの情報に変更があったのに申告しないでおくと、情報の信用性に問題があるとして、借入可能額の増額をしてもらうどころか、それ以降の借入自体を断られてしまうケースもありえます。今一度、自分の身辺にあったことを見直して、正しく申告しましょう。

最後に、「収入証明書の提出をすること」も大事なポイントです。新規の借入のときは求められなかった場合でも、借入可能額の増額の場合は収入証明書を提出することが求められることがほとんどです。消費者金融の会社から指示があった場合は、速やかに提出しましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスで増額申請が通らない理由は?

プロミスの増枠申請の審査方法などについて

プロミスはカードローンもキャッシング・サービスでも国内で古くからある消費者金融の一つです。現在ではSMBCコンシューマーファイナンスとして新たな会社となっていますが、消費者金融の小回りの効くサービスは健在です。(こちらもご参考に→プロミスは三井住友銀行とどんな関係?

プロミスのカードローンやキャッシング・サービスは全国で使えるコンビニの24時間対応のATMをサポートしているなど利用者目線で多彩なサービスが用意されているので大変好評です。好評なのですが、契約当初の利用限度額がちょと低いという方も多いようです。収入があるからもう少し借りたいなど、増枠申請をしたいと考える方が増えています。

消費者金融のキャッシング・サービスなど現金を貸し出すサービスは法律で総所得の3分の1を超えてはならないという制限があります。そのため、プロミスでも収入と借入状況を特に厳しくチェックされます。しかし、契約当初では他のプロミスの利用実績が無いなどの場合、利用限度額が低めに設定されることも少なくないようです。

増枠申請については契約時と同じ申請を行います。増枠申請の場合でも再度、所得証明と借入状況の自己申告は必要です。所得証明については給与明細数カ月分や確定申告書、市町村が発行する所得証明書などで代行できます。契約時と変わっていなくても、現状を申告するために必要となることが多いようです。

また、在籍確認についても増枠希望額によっては再度行われることもあるようですが、基本的には行われないことが多いようです。各種申請を行う際に気をつけるところとしては、自己申告は正しく行うということです。(こちらもご参考に→在籍確認なしでプロミスを利用する方法

特に他からの借入状況については件数も含めて正しく申告が必要です。借入状況については、各金融機関や消費者金融で共同運営している情報管理会社のデータで分かることなので、自己申告との差が著しいと審査が不利になることも少なくないようです。

便利なプロミスのカードローンですが、増枠申請も簡単なので必要があれば気軽に申請をすることをオススメします。