現在、三井住友銀行でローンを組んでいるのですが、恥ずかしながら中々返済できずにいます。そんな時に消費者金融のプロミスから返済の催促がきました。三井住友銀行からは、確かにお金を借りていますけど、プロミスからお金を借りた覚えはありません。借りた金額は三井住友銀行から借りた額なのに、プロミスから借りたことになっています。これは一体どういうことなのでしょうか?

三井住友銀行はプロミスと業務提携をしています

三井住友銀行はプロミスと業務提携をしていて、保証会社もプロミスとなっております。保証会社の役割はお金を融資する際の担保または保証人を務める役割です。カードローンなどでお金を実際に出して貸すのは三井住友銀行ですが、お金を貸すかどうか決める審査を行っているのはプロミスなのです。また、返済に関してのどトラブルの対応、返済の遅れに対する催促といったこともプロミスが、行っています。

三井住友銀行系列に入ったことによってプロミスは資金面での不安が無くなり、三井住友銀行はプロミスの長年培った消費者金融の経験が助けになるということで、両社が業務提携することになりました。
(⇒プロミスは三井住友ATMで手数料無料借り入れできる?

三井住友カードローンなのにプロミスから返済の催促がきたのは、三井住友銀行からプロミスに業務を委託されているからです。このような業務になることは、カードローンの申し込みの際に出てくる契約書にも、ちゃんと書かれていますので、これからはしっかり契約書に目をとおすようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスと三井住友、どっちで借りればいい?

キャッシングの大手企業であるプロミスから三井住友カード

キャッシングや銀行を利用する人にはいろいろな人がいます。旅行の代金が欲しい、養育費が欲しい、生活費が欲しいといったお金に関する悩みを抱えている人達です。そういった人の問題を解決することができるのがキャッシングサービスです。

周囲の知人や友人から借りることができるケースもあるでしょう。しかし、金銭トラブルは人間関係を悪くするのでやめておきましょう。キャッシングは、企業と個人のやりとりなので安心して利用をすることができるでしょう。

大手企業を利用するのが鉄則となっています。テレビコマーシャルを連日のように行っている企業は、利用者のニーズにあわせたサービスを実施しています。大手企業であるプロミスも例外ではなく、即日融資、30日間の無利息、女性専用のプランといったおおくのサービスに取り組んでいます。

最近では、大手銀行である三井住友銀行のATMを無料で利用できるようになりました。プロミスから三井住友カードにしようと考えている人は、審査を行っているのはプロミスだと知っておきましょう。プロミスを利用したことがあるひとであれば、ある程度の基準を知っているでしょう。
(⇒プロミスの審査基準に関するおすすめ記事

キャッシングサービスを提供している会社は、利用者に貸付を行っても良いかを審査によって決めるのです。利用者の情報と必要書類を参考にして厳正なる審査が行われます。このときに、在籍確認や個人信用情報機関への照会もされます。

全てのデータに偽りがなく、利用基準をみたしていれば利用限度額が設定され、カードが発行されます。利用限度額は、利用者の返済能力によって異なるので、利用者によって違います。企業の審査の基準もちがうので、利用をする企業によっても異なります。

消費者金融系よりも銀行系の方が、審査が厳しく、金利が低いといったメリットをもっています。しかし、審査をする企業が同じであれば、審査が厳しいといったことはないでしょう。詳しく知りたい場合には、利用者のレビューを参照するといいでしょう。