プロミスカードを三井住友銀行のキャッシュコーナーで使うとATM手数料が無料になるとききました。今時、手数料とかも馬鹿に出来ず、本当なら利用を考えています。少しでも節約をしたいのですが、手数料かからないって本当ですか?

手数料無料になるプロミスカード対象お取引内容がわかる

お答えいたします。三井住友銀行のキャッシュコーナーでプロミスカードご利用の場合、ATM手数料は【無料】でご利用が可能です。利用条件がございますので、そこはどうかご確認をした上で便利でお役立ちのATMを是非ご利用くださいませ。
(⇒三井住友銀行とプロミスに関するおすすめ記事

まず、対象者様ですが【プロミスをご利用で、プロミスカードをお持ちのお客様】で対象提携ATMは、三井住友銀行の本店・支店・店舗外に設置してあるATM・一部地域を除くコンビニなどに設置してあるATMなどがあります。(こちらもご参考に→三井住友銀行とプロミス、どっちで借りればいい?

手数料無料対象になるお取引は、三井住友銀行ATMでお取引した際の(お借り入れ・ご返済も含む)提携ATMご利用時の手数料となります。

たかが、手数料されど手数料たいしたことはないし気にもしないというお客様もおられるとおもいますが、例え僅かな金額であっても、回数が重なれば決して小さい金額でおさまりません。安心してお取引・ご返済ができるという意味においても手数料無料は大きな魅力です。まして家計節約というのであればこの方法は是非とも推奨したい事柄のひとつです。

困った時に手数料で足踏みして困ったままにしてしまうより、家計にやさしく気軽に頼れるものがあるというのは心強いものです。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行とプロミスは情報を共有してるの?

プロミスは三井住友系だから安心!

プロミスは三井住友グループです。広告の隅のほうに、小さく載っています。アコムは三菱東京UFJグループです。これも広告には載っています。

こんなことになるなんて、一昔前は誰も想像していませんでした。プロミスもアコムも、かつてはサラ金と言われた金融業者です。法外な利息で顧客に返済をせまり、完済をさせないようサラリーマンの財産や給与を吸い取っていく業者でした。怖いお兄さんが自宅や勤務先に押しかけるイメージです。

しかし、現在では、世界でも上位の三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のグループ企業となりました。同じグループである以上、当然ながらグループ全体で共有する企業文化の研修も入ります。悪質な貸付や取り立てなどは当然排除されて、顧客第一主義でクリーンな融資をするようになりました。

返済に困っている顧客に対しては、親身になって返済計画の見直しの相談に応じてくれます。昔より借りにくくなったなどと言う人もいますが、企業が本来の健全な形に変化していくことは、良いことです。

消費者金融が大手銀行の傘下に入る動きが加速する一方で、あくまでも独立した消費者金融の体制を貫いている企業があります。それが、アイフルです。(こちらもご参考に→アイフルとプロミスを徹底比較!

アイフルは、どこの銀行の傘下にも入っていません。だからこそ、逆に「怖い」という印象を持つ人もいます。しかし、アイフルは東証1部上場企業です。東証に上場するには、まず多くの上場基準をクリアしなければなりません。

しかも、上場を維持するにも、毎年各種の基準をクリアしていなければなりません。またコンプライアンスを守れない会社、つまり、かつてのサラ金のような仕事をする会社は、即、上場廃止となります。したがって、少なくとも東京1部に上場している限りは、怖い会社ではない、とも言えます。

そもそも、京都に本社を置く企業は、「京都企業」といって、気骨のある会社が多いのですね。意地になって大手銀行に対抗する、といったところが見えます。消費者金融も、こうして歴史を辿れば興味深いものです。遡って江戸時代などでも、世の中では重要な役割を果たしていた業種なのです。