三井住友銀行でカードローンを利用しようと思って申し込んだところ、審査に通りませんでした。しかし、そこからプロミスのカードローンを勧められ、今度は見事に審査に通った経験があります。

プロミスも三井住友銀行のグループ会社のようですが、この二つの企業のカードローンの違いは何なのでしょうか?プロミスと三井住友の関係はどのようなものか教えてもらえませんか?

単純にグループ企業というだけではないのが今の状況です

以前は単純に業務提携をして、銀行のカードローンの審査に通らなかった利用者をプロミスに紹介してプロミスでお金を貸すというスタイルが主流でしたが、今では単純に顧客を紹介するというだけではなく、銀行のカードローンの保証をプロミスが行うという形でより強固な関係になってきています。以前はそれぞれがお金を貸す事業を行っていて、銀行が企業向けの貸付、そしてプロミスが個人向けの貸付を行うというスタイルが基本になっていました。

しかし、貸金業法が改正され、消費者金融業者は個人向けの貸付に上限が設定されるようになりました。そして消費者金融であるプロミスが主に行っていた個人向けの貸し付けを銀行が中心になって行うようになってきたのです。そしてこの時に必要な個人向けの貸し付けの保証は、今まではプロミスの子会社などが中心に行っていましたが、この業務をプロミスが行うようになってきています。
(⇒三井住友銀行とプロミスの関係についてもっと詳しく!

このような仕組みにすることでプロミスなどの消費者金融はいわば銀行の個人向け貸し付けの業務をサポートするような形を取り、銀行は資金を消費者金融業者に提供するという方法で消費者金融業者は過払い金の返還請求などで傾いた経営を立て直し、銀行は個人の顧客を確保することができるようになっているのです。

今ではお互いになくてはならない存在になり、情報もお互いに交換され、お互いに効率の良い経営ができるようになってきています。将来的に消費者金融業者が力を取り戻したとしても、以前のように積極的に個人向けの貸し付けが行えない今の法律の制度を考えると、これから先も当面の間はお互いに持ちつ持たれつの関係が計測していくことが考えられます。

利用者にとっても銀行と消費者金融業者が一つのグループ内で結束して経営を行っている状況は何かとメリットもあるのが実情でしょう。ATMの相互利用などは特に分りやすい利用者にとっての大きなメリットと考えることができます。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行とプロミスは情報を共有するの?

プロミスと三井住友の関係:現在のプロミスの状況は

キャッシングやカードローンというのは、個人向けの無担保ローンのことですが、最近では、以前からキャッシング業務を行っている消費者金融会社だけでなく、銀行や信用金庫、信販会社など、様々な金融業者が取り扱うようになりました。それだけ、キャッシングやカードローンを利用する人が増えてきたということなのでしょうね。

従来、キャッシングやカードローンを主に取り扱っている大手の消費者金融会社としては、武富士をはじめ、アコム、プロミス、レイクアイフルなどがありました。(こちらもご参考に→レイクとプロミスって何が違うのか教えて!

しかし、グレーゾーン金利撤廃後、過払い金請求が相次ぎ、消費者金融各社とも経営体力が落ちてしまいました。業界1位だった武富士は、会社更生法の適用を受け、アコム、プロミス、レイクは、大手銀行グループの傘下に入りました。今でも銀行の傘下に入っていない独立系の消費者金融はアイフルぐらいです。

アコムは三菱東京UFJ銀行グループに、プロミスは三井住友銀行グループに、そして、レイクは新生銀行グループに属しています。

その中でも、以下では、特に、プロミスについて説明しましょう。現在でも、プロミスは、相武紗季さんをイメージキャラクターに起用して、テレビCMなどで積極的に宣伝を行っています。現在のプロミスと三井住友の関係はどうなっているでしょうか。

実は、現在、「プロミス」という社名を有する消費者金融会社は存在しません。三井住友銀行グループの、SMBCコンシューマーファイナンスという会社が、キャッシング業務を展開するのに、プロミスという名前を使用しています。

つまり、プロミスの業務はSMBCコンシューマーファイナンスが継承して、プロミスという会社はなくなってしまったのですが、キャッシングの分野でプロミスという名称の知名度は非常に高いため、SMBCコンシューマーファイナンスは、プロミスの名称を使って、キャッシングやカードローンの営業を行っているということです。