レイクで審査に落ちました…。理由は教えてもらえませんでした。年収が低すぎたのか、契約社員だったのがいけなかったのか、わかりません。プロミスは比較的審査に通りやすいと聞いたことがあるのですが、こんな私でも審査に通るでしょうか?年収は200万円、勤続年数は5ヶ月になります。

勤続年数が原因だと思われます

勤続年数5ヶ月は短過ぎます。レイクを含め、キャッシングの審査基準の一つに、勤続年数は1年以上が目安、というものがあります。半分も満たないのであれば、恐らくそれが審査落ちの原因でしょう。レイクではパート、アルバイトの方でもお申込みができるので、契約社員であるから、年収が低すぎるからというのは関係ないでしょう。

プロミスに申し込む時は、勤続年数が1年以上経過した時が通りやすいでしょう。今の勤続年数では、レイクと同じ結果になるのは目に見えています。あと7ヶ月ほど我慢です。
(⇒プロミスとレイク、どっちが審査甘い?

また、居住年数はどうでしょうか?お仕事と同時に引っ越ししたならば、居住年数も自ずと短くなります。居住年数は勤続年数と並んで重要な審査基準となります。長く住んでいればいるほど、安定した暮らしをしていると判断され、審査に通りやすくなるのです。賃貸より、持ち家や実家暮らしの方が比較的審査に通りやすくなります。

どちらにせよ、勤続年数が致命的に短いため、今は少し苦しくても頑張ってください。1年が過ぎた頃、プロミスにお申し込みすれば、きっと審査に通りますよ。

【参考ページはこちら】
レイクとプロミスの金利は結構違う?

ちょっと待って!プロミスの審査で落ちたからレイク?

プロミスのカードローンの審査で落ちてしまい、仕方がないから今度はレイクに申し込んでみよう、とお考えの方がいたら、ちょっと待ってください。もしかして、両方とも同じ消費者金融だと思っていませんか。(こちらもご参考に→プロミスと他社のキャッシングを比較!

確かに両方とも昔は消費者金融、いわゆるサラ金でした。しかし今は、プロミスは消費者金融で、レイクは銀行です。種類が違うので、管轄される法律も違います。法律が違う以上は、審査の方法や申し込み基準も違います。

新生銀行という銀行がありますよね。この新生銀行が、2011年に当時消費者金融だったレイクを完全買収したのです。営業の権利も、店舗も含めて、全部買ったのです。その結果、レイクは新生銀行が直接発行するカードローンの愛称になりました。

そうなると、どうなるか。まず消費者金融には、総量規制という法律の縛りがあります。総量規制というのは、借りる人の3分の1より多くのお金を貸してはならない、というものです。なので、年収が300万円の人は100万円までしか借り入れができません。銀行には総量規制は敷かれていないので、年収を超える額でも貸して良いことになっています。住宅ローンや教育ローンなどは、かなり高額の資金まで貸してくれますよね。

こうした消費者金融にとって不利な法律があるため、消費者金融は何が何でも銀行に顧客が流れるのを阻止すべく、それぞれ様々な企業努力をしています。例えばプロミスは、例の30日間無利息キャンペーンを行っていますよね。有名です。これは貸金業界では、型破りです。異端です。普段からの相当な企業努力がない限り、会社の根幹を揺らしかねない勇気の要るキャンペーンです。

消費者金融は、そのようにして銀行に差を付けようとしているのです。当然、銀行よりもカードローンの審査は緩いところが多くなっています。

こうした背景を考えると、消費者金融のプロミスの審査に落ちたからと言って、銀行のレイクに行くというのは、ちょっと待つべきでしょう。むしろ、同じ消費者金融系のアイフルやアコムに行った方が、まだ審査は通りやすいのではないでしょうか。