借り入れ先に悩んでいます!息子の私立小学校の授業料が払えません。納入期日までにお金を借りて納めておかないと息子が困ってしまいます。下手をするとせっかく入った私立小学校なのに滞納が続くと公立小学校へ転校させられてしまいます。

そもそもお金が足りないのはお給料が今までより減ってしまったからなのですが、そこは旦那さんを責めても仕方ありません。自分で何とかするしかないのですが、方法が借入れしか思い浮かびません。しかし、なにぶんお金を借りるのは初めてなのでどこがいいのか実態がつかめません。

そこでまずは気になっているプロミスの実態を教えて下さい。お金を借りると怖い人が取立てに来たり、対応が怖かったりすることってあるのですか?

プロミスでの窓口担当や電話オペレーターは評判が良い!

お金を借りようと思っても取立てが怖い、消費者金融会社の後ろにはヤクザがいるといったイメージがあって申し込みにくいという人もいるかもしれませんね。しかし、実際にはそういったことはありません。

というよりも、怖がるような取り立ては法律違反となっています。延滞をしている家へ訪問をする時には訪問しても良い時間帯が決まっていますし、暴力的な態度をとったり、乱暴な言葉を使ったり、大きな声や音で脅してはいけないことになっています。

まずは返済日をきっちりと守っていたら取り立てにあったり支払いを催促されることはありません。

他にもプロミスの実態としては口コミ情報を見ても「窓口担当の方が親切で助かった」「電話オペレーターの対応が良くて相談しやすかった」などといった好印象を持っているお客様が多いですよ。審査も早く、即日融資にも対応しているので欲しい時にお金を借りることができて使い勝手がいいといった印象の良い反応が多いですよ。
(⇒プロミスの評判についてもっと詳しく!

プロミス実態はいかに。これから借りる人必見

これからプロミスを利用しようかと検討している人はプロミス実態を知っておいたほうがスムーズに借り入れをすることができるかもしれませんね。借り入れの条件は年齢は20歳以上です。これは学生も同じことが言えます。

20歳以上になれば大学生や専門学生、大学院生になるかもしれませんね。そしてアルバイトを1週間に3日以上している人なら1ヶ月に換算すると収入は安定しているといってもいいので、安定した収入があることになりますので、アルバイトをしている人でも借り入れをすることができます。

日雇いをしているという人も中にはいるかもしれませんね。アルバイトといっても安定した仕事をしている人ばかりではないでしょう。日雇いのアルバイトをしている人は半年以上働いていたらいいでしょう。日雇いといってもそのつど別の場所で働く登録制のアルバイトというのはここで言う日雇いには入りません。これは不安定なので審査に通らない可能性のほうが高いでしょう。

プロミスでは借り入れできるかどうかを調べるお借り入れ診断という診断コンテンツがあります。これは簡単なことを入力するだけで借り入れることができるかどうかを調べることができるのでとても便利ですから一度不安な人は調べてから申し込みをするとスムーズかもしれません。

また気になる利息についてですが、1ヶ月以内に10万円を返済すれば利息がつかないキャンペーンや仕組みなどもありますので、これらも事前にリサーチしておけば賢く利用することができていいでしょう。

プロミスはSMBCコンシューマファイナンスの会社のブランドとして展開されています。日本を代表する大手の金融機関である三井住友銀行の傘下ということになりますので、バックに大手の銀行がついているので安心して借り入れることができるということになりますね。

これからプロミスを利用しようと検討している人にとってはこうした情報はとても重要となるかと思いますので、事前に実態を知ったうえで借り入れることによってスムーズに返済もすることができるでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスと三井住友銀行、どっちで借りればいい?