急な話なのですが、1週間後に30万円が必要になる事態が発生してしまいました。なんとか延期できないか、とか、回避できないか、とか手はつくしたつもりなのですがどうしようもなく…。しかも急なので給料日にも間に合わず、30万円をどこかから捻出しなければいけないんです。

幸いにも私はプロミスで今お金を借りていて、プロミスでお金を借りれば…!と思い立ったんですが、これもダメなんです。なぜかというと、利用限度額が30万円で、その全部を既に借り入れてしまってるからなんです…。どうしてもピンチでお金が必要なので、ダメ元でもプロミスに一時的に増額を受け付けてくれないかお願いしてみようかと思っているんですが、プロミスでそのようなことは出来るでしょうか?

残念ながらプロミスではそのような対応はしていないようです

ピンチな時にこんなことを言うのは酷なのですが、プロミスではそのような対応はなされていないようです。しかし、これだけで終わってしまうとあれですので何かしら考えてみました。ご友人やご両親などを頼るのはNGなのかわからないので、それらを除いたアイデアは以下になります。

まずひとつは、その30万円の支払いにクレジットカードが利用できる場合は、クレジットカード会社に連絡を入れれば一時的にショッピング枠の増額が可能…というところが多いです。サポートセンターやコールセンターに連絡を入れることで対応してくれるかと思いますので、クレジットカード払いが可能で、クレジットカードをお持ちならこっちの手を使うのもいいと思います。

クレジットカードを持っていなかったり、現金で支払わないといけない場合は、ひとつはクレジットカードの「キャッシング枠」を利用する方法です。キャッシング枠はショッピング枠とは別に設けられているもので、ATMから現金を引き出すことが可能です。

クレジットカードによってはキャッシング枠がついていないもの、もしくはついていても申込時や申込み後に自分で設定してキャッシング枠を0円にしている場合がありますので一度確認をしてみてください。こちらのキャッシング枠が30万円以上ある場合、ATMで現金を引き出せば解決します。

もうひとつは、別のカードローン会社を利用することです。単純に30万円の融資を希望して新規で申し込むということですね。無利息期間サービスがあるカードローン会社を選べば負担をより少なく出来ます。審査によっては30万円借りられるかどうかわからないのがデメリットでしょうか。
(⇒プロミスと他社のカードローンを徹底比較!

他にも方法はあるかと思いますが、手軽かつ周りの人から借りないという手段を選ぶならこのあたりが妥当かなと思います。ピンチを乗りきれるといいですね。

【参考ページはこちら】
プロミスとレイク、審査が甘いのはどっち?

プロミスの一時的増額が可能な借入額について

プロミスなどの消費者金融が主にサービスしているカードローンやキャッシング・サービスには一時的に借入額を増額できるサービスがついていることがあります。これは、申し込み審査時に決まった借入限度額を越えて借りられる仕組みです。多くの場合は、電話連絡やATMでの操作で一時的に利用限度額が増えるようです。しかし、増枠できない場合もあり、その仕組を理解できていない方も少なくないようです。

そもそも利用限度額はどのように決まるかですが、審査の際に重要になるのが収入と借入状況のバランスです。収入については所得証明書や給与明細で確認され、借入状況については自己申告と情報保管会社のデータを元に確認されるようです。情報管理会社については消費者金融や金融機関が共同で運営している、個人の借入、返済の情報を保管している会社です。

この情報は本人の同意を持って閲覧することができ、各サービスの審査時に本人の同意を持って取得されます。借入額は自己申告も行われますので正しく申告することがとても重要です。借入限度額については、消費者金融と金融機関で若干の差があります。消費者金融では法律で所得の3分の1までに貸出制限があります。

そのため、収入から自動的に貸し出し可能額が決まり、他の借入を踏まえて貸出限度上限額が決まります。そこから、社内規程で正式な利用限度額が決まります。通常、上限いっぱいまで貸出限度額が増えることはなく、社内規程で利用限度額に余裕があるように設定されることが多いようです。

プロミスなどが行っている一時的な借入額の増枠についてはこの余裕を使って行われるようですが、審査時よりも借入額が増えている場合似などの際は増枠ができないこともありますので、事前に一時増枠申請をしておくことをオススメします。(こちらもご参考に→プロミスの限度額増額にかかる時間は?

一時的な増枠時に借りた金額は増枠期間が終わっても返済は通常通りです。増枠も利用した場合は、利用限度額が復活するまでは返済のみを行うことになります。