現在、働いていた職場が倒産してしまって無職になってしまいました。生活費をきりつめながらもなんとか生活していますが、かなり厳しい状況です。貯金もそれほどないので、キャッシングサービスを受けたいと考えています。お金を借りるならやはり大手が安心だと思ってプロミスから借りたいのですけど、仕事をしてなくてもプロミスはお金を貸してくれますか?

安定した収入がなければ融資を受けることは難しいです

キャッシングを受けるための審査に通る条件で、最も重視されるのが、安定した収入があるかどうかです。仕事をしていないということは、安定した収入が無いということですから、審査に通るのは非常に難しいでしょう。

配偶者が資産家で返済能力があれば審査に通る可能性がありますが、これは特殊なケースで、そもそもそんな配偶者がいれば消費者金融に頼ることもないですよね。というわけで、何らかの職に就かなければ融資をうけることは無理だと思った方が良いでしょう。これはプロミスに限ったことではなく、他のキャッシング会社にも言えます。

お金を貸す側から考えてみたら当たり前のことで、お金を返すあての無い他人に貸すなんてことは中々、出来ませんよね。たまに、仕事をしてない、収入がなくても融資可能などといった怪しげな広告がありますが、法外な利息がかかったり、闇金業者の可能性があるので気をつけましょう。大手の金融業者は審査が厳しいと言われていますが、審査が厳しいということは、それだけ安心して借りることが出来るということです。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査と職業に関するおすすめ記事はこちら

プロミスのカードローン・仕事してなくても借りれる?

2010年6月に総量規制という法律が制定され、消費者金融では借金は年収の3分の1までが上限とされました。ですから、年収300万円の人が借りれる上限額というのは、100万円までということになります。

じゃあ、仕事してなくても借りれる?という疑問もあるかと思います。例えば専業主婦のように自分が働いていなくても、配偶者の収入があれば借りれるの?ですとか、年金受給者も一応一定の収入があるわけだから借りれるんですよね?といった疑問です。
(⇒専業主婦もプロミスで借りられる?

これは、銀行系カードローンであれば法律に引っかからないのですが、消費者金融の場合には事情が異なります。

プロミスは、三井住友ファイナンシャルグループの一員であることから大手都市銀行系消費者金融キャッシングと言われていることから、専業主婦や年金受給者も借りれるのでは?と思われがちなのですが、プロミスの取り扱いはやはり消費者金融です。つまり、総量規制の対象になりますから、年収の3分の1以下の借入となります。

そして、専業主婦の方や年金受給者の方の場合には、キャッシングの利用は不可となっています。ただし、配偶者の方の名義で借りることは可能であり、その場合には配偶者の同意書が必ず必要となります。

もちろん、主婦の方であってもパート収入がある方の場合にはそれは年収とみなされますので、パート収入の3分の1の範囲内での借入が可能となります。

また、年金受給者の方であっても、年金を受給しながらアルバイトやパートなどをしている場合には、その部分は収入とみなされますので年齢制限に引っかからない限りは利用することができます。

結論としては、プロミスで借りれるのは仕事をして収入を得ている人だけということになります。ただし、それは正規雇用の方だけではなく、契約社員や派遣社員、パート、アルバイトなど幅広い雇用形態の方でも利用できますので、この点は安心できる部分です。

申し込み後すぐに借入が可能で、30日間の無利息期間があるプロミスは、始めてキャッシングを利用する方でも利用しやすいでしょう。