どうしてもお金が必要になったのでプロミスで借入れしました。彼氏に知られたくないのですが、電話がかかってきたりするのでしょうか?

プライバシーは守られます

返済に問題がないようでしたらもちろんご本人や職場に電話がかかってくることなどありません。限度額の範囲内で借入れや返済をしていると不安になるかもしれませんが、滞納などの問題がなければ日常の生活に差し支えはありません。

最近では女性でも借入れを申し出る人が増えているので、女性専用フリーダイヤルもできました。今後も返済に問題がなければもちろん彼やご家族に知られることはありません。
(⇒女の子でもプロミス利用できる?

新規の申込時に職場に在籍確認として個人名を名乗って電話をすることはありますが、プロミスという企業名を出すことはないので安心してください。郵送での利用明細の送付があっては困る場合は、電子交付サービスに申し込めば郵送されることはありません。

とはいえ本人と連絡がつかなくなった場合は郵便で書類が届くことがありますので、延滞などには気をつけてくださいね。

万が一振り込みキャッシングを利用した場合で電子交付サービスを利用に切り替えていなかった場合、郵送で自宅に利用明細が送られますが差出人は事務センターなどになっており、プロミスの名は伏せてありますのでご安心ください。電子交付サービスの申込は、インターネットの会員サービスにログインして電子交付に切り替えることができます。

分からない場合はフリーダイヤルや窓口で聞いてみると良いでしょう。プライバシーは守られるので安心してくださいね。

【参考ページはこちら】
プロミスの借り入れまでの流れを教えて!

プロミスの確認を彼氏の電話でしたかったようです

プロミスへの申し込みで話題になったことがあります。それは、電話による本人確認を彼氏の携帯電話で行おうとした人がいたことです。本来本人確認が趣旨なので彼氏とはいえ、他人の携帯電話では確認がとれないのですが、その方は電話口でがんばったそうです。ただし、この場合は再度連絡となったようです。断れば申請自体が却下となります。

プロミスに限らず、電話による本人確認が行われる場合もあるので連絡方法については、本人名義で本人が必ず出られる携帯が重要です。本人確認はあまり行われないようになってきているようですが、急いで契約をしたいという場合に窓口にいけない場合は携帯等による申し込みが有効です。
(⇒プロミスの電話連絡に関するおすすめ記事

急いで契約したいということであれば窓口かインターネットでの申し込みをオススメします。インターネットでの申し込みはスマートフォンやパソコンを使って申請することが出来ます。申請には通常、個人情報と借入情報などが必要ですが、インターネットを使った申請ではWEB上から必要な項目を入力することになります。

また、郵送用の申請用紙では訂正する際に訂正印が必要になることもありますが、インターネット上からの申し込みではいつでも修正ができます。本人確認用に写真が必要になることがありますが、その場合はデジカメやスマートフォンのカメラにて撮影したデータをWEB上から送信することになります。

所得証明書が必要にならない希望利用額であれば申し込みはWEB上で全て終わり、当日、遅くとも翌日には携帯やメールで結果がわかります。インターネットでの申し込みは増枠申請の際にも利用できるようになってきており、通勤途中やちょとした時間が出来た時などスマフォで手軽に申し込めると好評です。

プロミスに限らず、カードローンやキャッシング・サービスは本人との契約ですし、親族であっても代理契約はできませんので、必ず本人が携帯による確認や申請を行う必要があります。