プロミスはずっとサラ金と思っていわゆる怖い金融機関と思っていたのですが、CMをみてると違うような気もしますサラ金と闇金何が違うのかがわかりません。利用してみたいと思うのですが不安です。ご存知でしたら教えていただけますか?
.

プロミスはサラ金でも闇金でもありません

結論からすると【プロミスはサラ金ではありません】【闇金でもありません】現在でいうサラ金は街金に近いでしょうか規模の小さい消費者金融をさす傾向にあります。確かに一昔前のサラ金のイメージは取り立てが厳しかったり法外な利息を課せられたりと、あまり良いイメージないのも事実です。特に特化させた誇張な表現も要因だったかもしれません。

しかし、プロミスはサラ金ではなく三井住友銀行グループの会社でいわゆる銀行カードローンに属します。サラ金と銀行系カードローンには違いがあります。

それはサラ金と銀行系カードローンは限度額が違って、銀行系カードローンは利息制限法が適応にならないために年収の1/3までという制限に縛られることなく融資を受けることが可能ですし、いわれるような高すぎる金利にしばられることも法律の改正によりなくなりましたから、心配されてる怖いイメージはありませんから安心してください。
(⇒プロミスの評判を詳しく教えて!

現在においての闇金は法律に準じてない部分の金融と言われていて【プロミス】はCMで流れてるようにキチンと準じた会社であり、信用あっての金融機関ですから。もしお困りの際は是非ご相談ください。収支をあわせあなたにピッタリの方法を提示してくれますよ。

【参考ページはこちら】
プロミスは増額しやすいって口コミはホント?

なぜプロミスはサラ金と違うのかを知ることは大切なこと

なぜプロミスはサラ金と違うのかを知ることは非常に大切なことだと言えます。そもそも、プロミスは貸金業者であって消費者金融です。一方で、サラ金業者と言うのはあくまでも非合法の業者であって法律的に認められた業者ではありません。プロミスは貸金業者ですので法律に則ってサービスを提供している点で、既にサラ金業者とは全く異なった業者だと断言できます。
(⇒プロミスの口コミはどう?信じられる?

元々、プロミスのように一般的な消費者に対してお金を貸す消費者金融は、サラ金業者が廃れた後に登場した正規の貸金業者であるということを知っておかなくてはいけません。サラ金業者は、一昔前にまともに個人に対して融資を行ってくれる業者が存在しなかったときに流行った非合法の業者なのです。そのため、お金を借りたい個人にとっては重宝されました。

しかし、サラ金の問題と言うのはお金を貸すときに設定される法定外の利息にあったのです。当然ですが、元金に設定される利息の値が大きくなればなるほど消費者の負担もまた大きくなってしまいますので、お金を借りた消費者はこの利息の分だけ着々と負担が大きくなっていってしまいました。金銭トラブルから大きな問題に発展したことも珍しくありません。

そのような中で、サラ金業者も行政によって目を付けられるようになりましたので法律によってこのような非合法の業者が融資を提供できないようにしたわけです。プロミスのような貸金業者は、貸金業法と言う法律によって融資の契約が担保されていますので、この法律に則ってサービスが提供されている限り安全性が害されることはありません。融資の申請の基準もこれによって決まっているのです。

このように、プロミスとサラ金業者の違いを理解すればプロミスのような消費者金融は極めて安全性の高い業者であることがわかります。法律によって消費者と消費者金融の双方が保護されているわけですから、大きなトラブルに発展することもありません。安心してサービスを利用できます。