契約社員の40代の男性です。契約社員として働き始めてから、もう10年くらいになるでしょうか…。また、現在働いている会社はもう4年目になります。

ところで来月に車の車検があるのですが、その車検費用をどこかで借りなくてはならないと考えています。そこでプロミスがいいかなあ~と思っています。が…これまでクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りたことはあるのですが、消費者金融で借りたことはないのです。

だからちょっと審査が心配なのです。ところでプロミスの審査では信頼が重視されるのでしょうか?そして、その信頼はどのようにして審査されるのでしょうか?教えてください。

プロミスでは借手の信頼をきちんと調べます

プロミスでは、もちろんお金を借りるために審査を受けなければなりません。そして、審査にパスして初めて融資を受けられることになります。でも、審査だからと言って、なにも特別なことを調べたり、厳しく詰問されるようなことはありません。

だからあまり心配したり不安になる必要はないのです。では、プロミスの審査では、なにを審査されるのでしょうか?簡潔に言えば、「この人にお金を貸しても大丈夫か?」「この人にお金を貸してもきちんと返してくれるのか?」といったことなのです。

少々専門的に言わせてもらえば、借手の信頼の度合いについて、信用能力と返済能力の2つの観点から審査するのです。また、お金を貸すということは、その根底に相互の信頼が無ければお金の貸し借りはできませんよね?

あなただって、誰かにお金を貸す際に信頼が無い人には貸せないと思いますよ。プロミスだって同じことなんです。信頼が感じられない人にお金を融資することはできないのです。

信用能力については、個人信用情報機関に与信をかけて審査します。そこで調べるのは、現在と過去に借り入れ状況や返済の履歴です。きちんと借りて返済していれば信用能力はOKと言えます。

つまり、信用能力に関しては、信頼が置けるということになります。が、過去に返済を延滞したり、自己破産や任意整理等の債務整理をして金融ブラックであると信用能力はゼロ、つまり信頼が無いと見做されます。(こちらもご参考に→プロミスの審査に通らないのはブラックのせい?

また、借り入れ件数が多かったり、多額の借金があると信頼に疑問符が付けられてしまいます。一方、返済能力に関しては、継続した一定の安定収入の有無が重視されます。

きちんと働いて安定収入を確保していれば信頼されます。また、年収は多い方が良いですが、年収の程度で信頼の度合いが左右されることは無いと言ってよいでしょう。

加えて、申込書に記入する個人属性について嘘を書かない事も信頼の証となります。たとえば、年収を水増しして記入したり、勤続年数や職業で嘘を書くと「信頼なし」と見做されて審査に落とされることもあります。
(⇒プロミスの審査でウソをついたらバレる?

以上のように、プロミスでは信用能力と返済能力の2点から借手の信頼を審査すると言ってよいのです。

【参考ページはこちら】
プロミスってサラ金じゃないの?

プロミスのキャッシングの増額の審査には信頼が大切

プロミスのキャッシングの増額の審査を通るためには、信頼が大切になります。普段から無理の無い利用方法をし、そして支払い期日を守ることが大切です。頻繁に支払期日を守れない場合には、信頼を損なってしまうことになります。その結果、増額の審査を申し込んだとしても、増額した分の金額を支払う能力が無いと判断されてしまい、審査に落とされてしまうことになるのです。

プロミスのキャッシングの増額の審査で大切なことは、安定した支払いです。返済能力を証明するためには、支払い期日に必要な金額を返済することです。これを行うためには、無理の無い利用方法を行う必要があるのです。

増額の審査では、このように支払い期日を守っているかを重視されます。そのため収入の増減などはあまり気にしないのです。そのため利用開始時に比べて、収入が下がっている場合でも、支払い期日をしっかりと守っている場合には、審査に通る場合があるのです。

ここで大切なことは、初めて審査を行う際には、在籍確認を再度確認することがある、ということです。初めて増額を行うためには、まずキャッシングを利用してから半年の期間が必要になります。利用開始の審査の申し込みの時に、在籍確認をすることがありますが、増額の時にも必要になる場合があるのです。(こちらもご参考に→プロミスの電話連絡に関するおすすめ記事

半年の期間が空いていると、状況が変わってしまう場合があるのです。収入が無くなっていたり、職業を失っている場合には、支払いの期日を守る以前に、収入が無くなってしまうために、支払い能力が無いと判断されてしまうのです。そのため、増額の審査を行う場合には、勤務先が存在している必要があるのです。

増額をする場合には、信頼と在籍確認が重要になります。キャッシングの支払い期日をちゃんと守ることと、仕事やアルバイトを行い、安定した収入を得ていることが重要になります。このどちらかが欠けている場合には、増額の審査を通すことは蒸すかしくなってしまうのです。