都内の私立大学法学部に籍を置く大学4年生の男子大学生です。学生なので金融機関からお金を借りたことはありません。

でも来年無事に就職できて社会人となれば、銀行や消費者金融でお金を借りるような機会は必然的に増えてくるんじゃないか…と考えています。先日、テレビを観ていたらプロミスのCMをやっていたんです。

そのときふと…「プロミスを利用している人口ってどれくらいなんだろう…?」って思ったんです。そこでこの疑問についてお答えいただきたいのです。

プロミスの利用人口は業界第2位です

現在、消費者金融等でキャッシングを利用している人口は、あよそ1200万人と言われているようです。つまり、約10人に1人の割合でお金を借りているという計算になる訳です。

そして、この利用人口は、減少するどころかどんどん増加する傾向にあると言われています。また、利用人口の性別で見ると、男性7割で女性3割となっています。その点についても女性の利用者が増えていることから、この比率も変化してくるでしょう。

加えて、年齢については、30代や40代の利用者がもっとも多く、20代の利用人口も増加傾向にあります。以上のような消費者金融を始めとした金融機関で融資を受ける人口が増加傾向にある中で、プロミスを利用している人口は、とある統計データによれば、およそ1902000人となっており、消費者金融では2番目に利用人口が多い消費者金融なのです。

プロミスが2番目に利用人口が多いことには幾つか理由があると思います。まずはテレビCM等で知名度が高く、ゆえに身近な消費者金融として感じ取れる点があると思います。

次には借り易さでしょう。プロミスでは3秒審査で融資可能かどうかを教えてくれます。また、審査も即日回答なので審査スピードが早くて即日融資してくれる点も魅力と言えますね。
(⇒プロミスの審査についてもっと詳しく!

かつ審査も甘めで安定した収入さえあれば誰でも申し込めて融資を受けられる柔軟さもプロミスの魅力として感じ取る方が多いのではないでしょうか。他方、銀行で融資を受ける際には、審査は厳しめで時間もかかり即日融資が可能なところは非常に少ないと言えます。

それゆえ、銀行に比べるとプロミスの借り易さは際立つと言ってよいでしょう。更に言えば、無人自動契約機が利用できることで誰にも知られずに借りられる点も利用者増に繋がっているのではないでしょうか。

加えて、プロミスでは提携先のコンビニATMが利用できるので、コンビニ利用が日常生活の中に定着している若者にとって非常に利用し易い消費者金融のひとつであるとの点も利用者増の理由として挙げられると思います。

このようにプロミスゆえの利用の簡便性や使い易さがプロミスの利用人口を押し上げている要因と考えられます。そして、消費者金融の利用者増と相俟って、今後もますますプロミスを利用する人口は増えていくことが予想できます。

【参考ページはこちら】
プロミスキャッシングに関するおすすめQ&Aはこちら

プロミス人口ってどれくらいいるのでしょうか?

プロミス人口ってどれくらいいるのか想像できますか?キャッシングやカードローン会社を利用されている方は、今現在10人に1人は利用していると言われています。つまり数で言うと1200万人の方がキャッシングを活用されているということです。ちなみにSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの利用者数は190万人だそうですよ。これは業界2位だそうで、ちなみに1位はアコムで213万人なんだそうです。すごい数ですね。

キャッシングやカードローンは最近、サラリーマンからパート・アルバイトの方まで幅広く借り入れができるようになり、使い勝手も素晴らしいです。最近では新規の方だけですが、無利息キャンペーンなども行っており、初めて利用される方でも気楽に借り入れが可能になりました。こうした金融会社の企業努力によってキャッシングなどを活用する人口も増えてきたのでしょう。
(⇒専業主婦でもプロミスで借り入れできるの?

2010年の貸金業法の改正により法外な利息を搾取したりする行為や、強引な取り立てを行うキャッシングやカードローン会社も今はほとんどいなくなりました。キャッシングを活用される方がどんどん増えてきたのは、消費者金融のイメージも良くなったのだと思います。もとろんどんな人間でもお金は必要で、サラリーマンやパート・アルバイトの方でも急なにお金が入用になることがあるでしょう。そんなときに即日融資を可能にしてくれるキャッシングやカードローン会社はほんとうに使い勝手の良い存在ですね。

ただ、あまりに簡単に借り入れができることから。借り過ぎで返済不能になる方も増えてきました。やはりキャッシングやカードローン会社を活用する前に。借入金の利用目的を明確化して無駄使いをしなうように努めなれればなりません。そして支出と収入のバランスを考えて、毎月どの程度までなら返済できのかをしっかりと吟味する必要があります。SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを活用する前に返済計画書をしっかり作りましょう。