日雇いフリーターの36歳の男性です。今度プロミスでお金を借りようと考えています。借りる理由は、生活費が足りないからです。でも、審査に通るかどうかが不安です。

そこで年収を少し水増しして申告しようと考えています。だって年収を少しでも多く見せた方が審査で有利になると聞いたからなんです。で、年収を少し水増ししたくらいの嘘ならプロミスにばれませんよね?

また、、仮にばれたとしても「書き間違えました…」と言い訳すれば許してくれますよね?

プロミスの審査では嘘は許されないと考えて

そうなんですか…年収を少しばかり水増ししてプロミスに申告するということなのですね…。でも、、それは止めた方がいいと思いますよ。だって年収の水増し申告は嘘なんですから。

そして、もし嘘がばれたら、そんな嘘をつくような人にお金を貸せると思いますか…?あなただって平気で嘘をつくような人間を信じられますか?そんな人にお金を貸せますか?

嘘をつく人は信用できないし、ましてやお金なんて貸せないとあなたも思うでしょう?!プロミスだって同じなんですよ。また、仮に嘘がばれても、「間違えました…」で許してくれるだろうと考えているなら、些か考えが甘すぎます。

プロミスに限らず、金融機関の審査では記入間違いも嘘も同じと見做されるのですよ。まして年収の嘘は、プロミスを含めた金融機関にとっては悪質な嘘として受けとめますよ。

なぜなら、プロミスも含めて、安定収入の有無と程度は審査において特に重要視される点だからなのです。以上の事から、年収に限らず、いかなる嘘をつくこともプロミスの審査では厳禁なのです!

他方で、実際に申込書の記載内容に嘘を書いてしまう人は少なくないようです。たとえば、あなたの考えている年収の嘘、借り入れ件数や借入額の嘘、職業の嘘、勤続年数の嘘といったように、少しでも自分を良く見せることで審査に有利になろうと考えるあまり上記のようないろいろな嘘の申告をしてしまうようです。

そして、ひとつ言えることは、どんな些細な嘘でも必ずばれてしまうと言うことなのです。もちろんプロミスだって同じことです。嘘がばれるとほぼ間違いなく審査に落とされると考えて下さい。

プロミスの審査担当者はプロなんです。そして、プロの目から見れば、薄っぺらい嘘などすべて分かってしまうのです。たとえば、借り入れ額や借入れ件数の嘘は、信用情報機関に与信をかけて調べればすぐに嘘がばれます。

また、年収の嘘についても、収入証明書の提出を求められれば簡単にばれますよ。その他の嘘に関しても、調べる手はいくらでもあるのです。以上の事から、プロミスの審査に当たっては、いかなる嘘も絶対に厳禁なんです!

【参考ページはこちら】
プロミスの審査は甘いってホント?落ちたけど…

審査でプロミス嘘をつくとすぐにバレテしまいます

プロミスに申し込んだときに、どうしても審査に通るかどうかが気になります。通常、きちんと申し込んでおけば審査も問題なく通りますが、場合によっては通らないこともあります。もし、審査に通るためにプロミス嘘をついて申し込んだらどうなるのでしょうか。

最も嘘の申告をしやすいのが他社の借入件数や借入額です。他社の利用状況だから嘘がつきやすいと思いがちですが、キャッシングの利用履歴は信用情報機関に登録されていて、その情報は金融機関は共有しているので、直ぐに知られてしまいます。また申込み状況なども登録されるので、何社も同時に申し込んだりするとお金に困っていると思われ不利になります。

次に、年収の嘘です。審査では年収は重要な項目なのですが、意外と確認は甘いです。しかし、限度額によっては収入証明書の提示が必要になるので、嘘はつけません。他にも借入件数などが多いときも、会社によっては提出を求められることもあります。

それから、職業での嘘も在籍確認が行われるのですぐにわかってしまいます。公務員や大企業に勤務していると有利ですが、電話をして確認するので嘘をついても通用しません。また、既にブラックリストなどに掲載されている理由などから、名前や年齢を偽っても、申込みの時点で本人確認証明書が必用になるので、偽りは通じません。また、偽造で身分証明書を作成したりすると、逮捕されてしまうのでやめましょう。

嘘が通じることはほとんどありませんが、もし嘘をついたまま審査に通ったとしても、その後にばれたときが大変になります。内容次第によっては訴えられることもありますし、プロミスの信用も完全になくなります。場合によっては、借りているお金の一括返済なども求められることもあります。

また、返済などが遅れたときも、嘘をついていると差し押さえなど法的手段に入ることも早まる可能性もあります。審査に通るかどうかは心配なことですが、申込み書には正しくきちんとしたことを書くことがより信頼してもらえますし、後からのトラブルなどにもなりません。