ずいぶん前の話ですが、定職につけずにいたとき、複数の金融機関から借金をして、しかも、返済をかなり長期間滞納していたりしました。今から思えばギャンブル依存症で、どうしようもない奴だったように思います。返すあてもなかったので、督促状を無視してしまったこともあります。恥ずかしながら、いわゆるブラックです。

今は、ギャンブル依存症もなくなって、あれほど好きだったのが不思議なほどです。定職にもついて3年になります。ですが、生活費に不自由しなくなったわけではなく、突然の出費にあわてることも多いので、できればローンカードを持ちたいと思っています。今度はきちんと使うつもりですが、それでも、金融事故をおこした人間には、やはり、カードを持つことはできないのでしょうか?プロミスなら可能性があるとも聞いていますが。

ブラックだったとしてもプロミスの審査に通る可能性はあります

一度ブラックになったとしても、それで一生ローンカードを持てないというわけではありません。反省して生活が改善されていれば、救いはあります。特にプロミスはできるだけ広い範囲に積極的に融資しようとしている金融機関です。プロミスは審査に通りやすいことで有名ですが、これは、いい加減な審査をしているということではなく、積極的に融資しようとする姿勢のあらわれでしょう。
(⇒ブラックリストでもプロミスで借りられる?

ただ、ブラックになったのが、5年以内のことであれば、どの消費者金融でもカードをつくるのはきびしいかもしれません。たとえ、プロミスであっても、よほどの事情がない限りはむずかしいのではないでしょうか。でも6年以上前の話であれば可能性がでてきます。

ブラックというのは、具体的には、消費者金融系の金融機関が共有する信用情報のデータベースに、金融事故の履歴が保存されていることです。これは、消費者金融系の金融機関だけでなく、信販系や銀行系の金融機関でも同じです。データベースがそれぞれに分かれているだけです。

消費者金融系の信用情報の金融事故の履歴は、保存期間が5年間になっています。5年たてばブラックリストから削除されるということです。ずっと保存しておくと記憶容量がもったいないから削除するというわけではありません。5年たてば、その人も反省して変わっている可能性があるから、一旦クリアにしているということでしょう。

つまり、ブラックになったのが6年以上前のことであれば、改めてローンカードを持てる可能性はあり、プロミスならその可能性が高くなるということです。年収や収入の安定性など、今の条件で審査してくれますので、申込んでみる価値はあると思います。(こちらもご参考に→自己破産者でもプロミスの借り入れは可能?

それでも、審査の際に、過去の金融事故の有無について確認されることはあるかもしれません。そのときには、隠すのは得策でありません。信用情報データベースからは消えていたとしても、他の情報からバレることはあります。そうなれば、信用できない人という烙印が新たに押されるだけです。金融事故の有無を聞かれたら、正直に事情を話して、今の自分が昔とは違うことを理解してもらえるようにつとめるのが最も良い方法です。

【参考ページはこちら】
プロミスのキャッシングを選ぶメリットとは

プロミスブラックでも通るというのは本当?

プロミスブラックでも通るのか、これはブラックの人にとってはぜひとも知りたい情報なのではないでしょうか。まず結論から言えば通りません。残念ながらプロミスに限らずどこもブラックリストに載っている人は審査に通らないでしょう。(こちらもご参考に→プロミスの審査でもウソはバレる?

ブラックリストとは信用情報機関のことを言いますが、こちらに記載されている人というのは何らかの過去に金融事故を起こしている人ということになりますので、金融事故、つまりトラブルや返済できなかった、遅れてしまったなど信用状態に欠ける人というレッテルが貼られているわけです。ですからその状態で借り入れをしようというのはなかなか難しいといってもいいでしょう。

プロミスに限ったことではありませんが申し込みをする際にはいろいろなことを 記載しなければいけません。そのときに他社からの借りいれをごまかす人もいますがこれもすぐにバレるのです。こちらも信用情報機関に問い合わせをすればすぐにわかってしまいますので注意が必要です。

こうしたことを考えると現在借り入れを多くしている人でさえ審査に通るのはとても難しいという状況の中で、その上でブラックリストに載っている人が、審査に通るというのはいくら融通が利くことで知られているプロミスであってもこればかりは融通の範囲を超えています。

ブラックリストに掲載された内容は一般的には7年ほどすればリセットされるということになっていますので、それが本当かどうかはわかりませんが、7年以上経過していないという場合には7年たつのを待ってから借り入れの申し込みをしたほうがよりスムーズに借り入れることができていいでしょう。そのほうが確実に申し込みから審査、そして借り入れまでの流れが通ることになります。

ブラックでも貸してくれるところはありますが、闇金融などの法外な金利で貸し出すところがありますので返済できなくなり人生を棒に振る可能性がありますので借り入れをする際には十分に注意しましょう。