プロミスのカードを利用しています。カードとつくったときに借入し、その後、追加でもう一度借入しました。追加の借入も問題なくできました。限度額の範囲だったので、追加の借入というよりも、銀行のキャッシュカードでお金を引き出すのとあまり変わらない感じで、簡単にできました。

またもう一度、追加の借入をしたいのですが、今度は限度額より多くの額を借入れたいと思っています。でも、そもそも限度額が設定されているのですからそれ以上の借入はできないのでしょうか?限度額以上の追加借入が可能であれば、その方法をご教示いただければと思います。

限度額変更申込で限度額超の額をプロミスから追加借入できます

プロミスでは、今の利用限度額を超えた追加の借入が可能です。限度額変更を申込み、それがOKになれば、新たな限度額まで追加借入ができます。限度額変更にはプロミスの審査が入りますので、この審査に通ればOKということになります。(こちらもご参考に→プロミスの増額について詳しく教えて!

限度額変更の審査は、最初にカードをつくるときの審査と同様ですが、年収や収入の安定性などに加えて、今までのカード利用実績が重要となります。最初にカードをつくるときは、当然、カードの利用実績はありませんから、プロミス側もその利用者がちゃんと返済してくれる人かどうかがわかりません。ですから、限度額が低めに設定されるのが通例です。

限度額変更のときは、今までの実績をみて、信用できるかただと判断されれば審査を通してくれます。利用実績というのは、具体的には、継続的な利用と約束どおり返済されているかどうかです。もし、返済に遅れてばかりだったりすれば不利になります。

継続的にカードを利用していて、すべて約束どおり返済していれば、限度額変更の審査には非常に有利です。ある程度の期間これを続けていれば、こちらから限度額変更を申込むまでもなく、プロミス側から増額しませんかと連絡がくることすらあります。

限度額変更の申込みは簡単です。プロミスのホームページから会員サービスにログインして、限度額変更申込の項目からすぐに申込めます。会員サービスには、カード番号と暗証番号だけでログインできます。もし、申込む限度額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書類の提出が必要になりますが、これも会員サービスから送信できます。

限度額変更の審査も、カード作成時の審査と同様に非常にスピーディに行われ、たいていの場合は1時間程度で結果が出ます。もちろん、収入証明書類の送信忘れなどしていれば審査も長くかかってしまいますが、そうでなければ、本当に速いんです。

晴れて審査に通れば、その限度額まで、プロミスから追加の借入ができるようになります。ちなみに、カード作成時にくらべて、年収が大きく下がったり、プロミス以外の他社からの借入をしてしまったりすると、限度額増額の審査に通らないだけでなく、逆に限度額が減額されることもありますので、注意してください。

プロミスで追加の借入を行うために気をつけるべきポイントとは

プロミスでは、融資限度額の範囲ならば追加で借入ができます。これは借入をしている途中で、完済していなくても、融資限度額の範囲内ならば追加での融資が可能なのです。そのため、個々に割り当てられている上限の金額さえ越えなければ、複数回の借入れが可能になります。

また、プロミスの融資限度額は、一定の条件を満たしていれば増額ができる可能性もあります。そのため、一定の期間プロミスのサービスを利用してみて限度額を上げたい場合は、担当者に相談してみる事も効果的な手段となります。

この上限の金額をあげるためには、小額でもサービス利用を複数回繰り返し、毎月返済していく事が大切です。これを繰り返すことで、プロミスからの信用度が向上して、限度額の増額を許可してもらう事ができるようになるのです。しかし、返済で遅延などをしてしまうと、増額できる確率が低くなってしまいますので、きちんと返済を期日通りに行う事が重要になります。
(⇒プロミスの増額に関するおすすめ記事はこちら

この追加の融資で把握しておくべきポイントとしては、契約時に申請した個人情報に変化がある場合があります。特に、転職などで勤務先が以前と変わった場合や、引越しなどで住所を変更した場合、携帯電話を変えて番号が変わった場合など、これらの変更は素早くプロミスに申告しておく事が大切です。この消費者金融をはじめ、各金融会社はサービス利用者の信用を担保としてお金を貸しています。そのため、サービス利用者の個人情報の変更は、返済をきちんとしてもらうための必須事項で、これらの個人情報の変更は、融資のサービスを利用する上では必ず申告することが必要になります。

また、追加で融資を受ける際には、総量規制の範囲を超えないように注意する事も重要で、他社からの借り入れを含め年収の三分の一以上の金額を借りていないか確認しておく必要があります。この金額以上は融資は受けられませんので、予め借り入れの総額を把握しておくことが重要なのです。

【参考ページはこちら】
プロミスなら即日融資をしてくれるの?