小さな木材加工工場の個人事業主です。技術には自信があるのですが、経営がへたくそなのか、収入は安定していません。良い月はそこそこの売上げがあるのですが、先月などは、10万円を切ってしまい大赤字です。生活のやりくりも大変なので、消費者金融のフリーローンに申込み、ローンカードを持とうとしたのですが、審査で落とされました。

落ちた理由は教えてもらえませんでしたが、個人事業主が審査に通りにくいのはたしかのようです。プロミスには、個人事業ローンというのがあるそうですが、これは、わたしのような個人事業主でも審査に通るようなものなのでしょうか?

プロミスの自営者カードローンなら通るかもしれません

多くの消費者金融のカードローンでは、自営業者も対象とはしているものの、自営業者はどうしても審査に通りにくくなります。カードローンの審査では、収入額と収入の安定性と債務状況がもっとも重視される項目なのですが、自営業者の場合、収入の安定性が低くなるので、どうしても通りにくくなってしまうのです。

自営業者でも、定期的な発注先があるなどして安定した収入があれば、普通のカードローンでも通るのかもしれませんが、たいていの自営業者はそんなに恵まれているわけではありません。仕事を取ってくるのはたいへんなことだと思います。仕事そのものよりも、仕事を取るための営業活動に明け暮れているかたも多いのではないかと思います。

プロミスの自営者カードローンは、そんな自営業者のためのカードローンです。このカードローンでは、プロミスは自営業者にも積極的に融資するということを表明しています。プロミスは、安定した収入がないことをわかった上で、融資してくれるということです。

他のカードローンでは審査に通らない条件の個人事業主でも、これならチャンスがあります。もちろん、収入も無いというのではダメでしょうが、ある程度の収入があれば、安定性は低くても、この自営者カードローンには審査通過の可能性があるのです。

普通のカードローンにくらべると、若干金利が高くなりますし、最大借入可能額も低くなりますが、それでも、借りられないよりはましです。金利の違いもそれほど大きいものではありません。個人事業主にとって、このプロミスの自営者カードローンは救いなのです。

自営者向けだからといって、お金の使いみちが事業資金に限定されるわけでもありません。プライベートな生活費としても利用できます。お金の出し入れについても、他のフリーローンなどと同様に、全国のプロミスATMと提携ATMが利用できます。自営者カードローンだけ別の扱いになるわけではありません。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査と職業にはどんな関係がある?

どうすればプロミス個人事業ローン通るか知りたくありませんか?

一般的に自営業者などの個人事業主はローンなどに通りにくいといわれています。基本的に金融業者がお金を貸す場合には、安定した収入があるかどうかに重点が置かれますので、自営業者はたとえ収入は多くても安定性という点ではやや欠けると判断されてしまうからです。

自営業者では銀行などで事業用の資金を借りることも多いです。銀行でしたら金利も低めですので返済しやすいからです。ですが銀行は審査がやはり厳しいですし、自営業の場合、特に急いで融資をしてほしいことが多いのですが、銀行ではその審査に時間がかかるというデメリットもありました。

消費者金融では銀行よりも迅速な融資を行ってくれるところが多いです。ですがフリーローンなどの場合、総量規制の関係で年収の3分の1以上は借りられません。ですので自営業者の希望金額を借りることができないことも多いですし、事業資金には使用不可という場合も多いです。

ですが、プロミスの自営業者ローンというのは、自営業者専用のローンですので、これらの問題点をすべてクリアしてくれます。このローンは総量規制の例外扱いになりますので、年収の縛りはうけません。また、利用目的も事業と生計費の両方に使用することができます。ですのでプロミス個人事業ローン通るかというと、このローンであれば十分可能性が大きいです。

申し込みは、自動契約機やプロミスコール、あるいは店頭や郵送などから選べます。(こちらもご参考に→プロミスでの郵送申込みの流れを教えて!)最大限度額は300万円までで金利は6.3%から17.8%になります。また返済日に関しても、5、15、25、末日の中から都合の良い日を選択できます。20歳から65歳までの自営業の人が利用できます。必要な書類は、本人確認の書類の他に収入証明と事業実態を疎明する書類が必要となります。

自営業のような個人事業主はいつなんどき急にお金が必要になるかわかりませんので、確実に借りることができる金融機関で融資枠を前もって確保しておくことも大切です。