過去に、生活資金が不足してプロミスのカードをつくりキャッシングしました。返済は予定通りのスケジュールで完済しています。その後、プロミスのカードは全く使っていませんでしたが、また生活資金が不足してきたので、このカードを使おうかと思っているのですが問題ないでしょうか?3年近く使っていません。また、プロミスからはいくらまで借りることができるのでしょうか?

プロミスのカードローンなら限度額まで何度でも借りられます

既にプロミスのローンカードをお持ちで、借入残高もないようですので、問題なく追加融資を受けることができます。お持ちのカードの利用限度額まで借入可能です。プロミスのローンカードは、利用限度額まで何度でも借入れることができます。もし、プロミスからローンカードの停止等の連絡をもらっていればダメですが、そういったことはめったにありませんし、ショッキングな出来事なので忘れていることはないと思います。

利用限度額は、カード申込時の契約書類などに記載されています。もし、そういった書類がみつからない場合でも、ネット上のプロミスのサイトから確認できます。プロミスのサイトから会員サービスにログインすれば、いつでも利用限度額をみることができます。会員サービスへのログインは、カード番号と暗証番号だけでできるので便利です。ネットを使いたくないかたは、プロミスコールから問い合わせることもできます。

利用限度額を超えた借入はできないのか、というとそうではありません。利用限度額を変更できます。利用限度額を超えた借入が必要であれば、利用限度額の増額を申込むことができます。これもプロミスのサイトの会員サービスからできます。限度額変更申込という項目です。

ただし、利用限度額を増額する場合は、カード申込時と同様に、プロミスの審査が改めて行われます。収入証明書類の提出も必要になりますが、これについてもネット上から送信可能です。限度額増額の審査では、過去の利用状況も加味して行われます。継続的に利用されていて、予定通りきっちりと返済されていれば、審査にとおりやすくなります。

利用限度額の増額については、一挙に高くしないほうがよいようです。ローンカードを継続的に利用しきっちり返済していれば、プロミス側からみた信用度がどんどん上がっていきますので、それに合わせて限度額を上げていくのが理想です。

また、申込める利用限度額の上限もあるので注意が必要です。総量規制で年収の3分の1を超える貸付ができないことになっているので、もし、年収の3分の1を超える限度額で申込んでしまえば、他の条件がどんなに良くても、そのまま審査に通ることはありません。ぜひ、注意してください。
(⇒プロミスは総量規制以上の借り入れもできる?

【参考ページはこちら】
プロミスの増額審査を申込むタイミングを教えて!

プロミスの追加融資はどこまで受けられるか

プロミスのキャッシングは利用限度額が非常に高く設定されており、条件が整えば数百万円単位の融資を受けることもできます。しかし、基本的には借入申し込みをした当初の相手は、例え収入が高かったり他社からの借入がない人物であっても信頼がまだ構築されていない状態ですので、いきなり高額の融資は決定しません。

そのため、一般的には申し込み金額に関わらず10~50万円程度の利用限度額で融資をスタートさせることが多いですが、その後きちんと返済を続けていれば徐々に利用限度額の増額を受けることができるようになります。

一般的には、追加融資を受けることができる範囲は最大で、現在の利用限度額から利用者の年収の3分の一までの範囲となっています。これは、消費者金融系や信販系会社の場合、利用者の年収の3分の一までしか融資を受けることができないという総量規制の縛りがあるためですが、他社からの借入も合算して判断しますので、既に他社で高額の融資を受けているときには申し込みや増枠の依頼には応えてもらえない可能性もあります。

プロミスの場合、自社で設定している利用限度額は高額になっていますので、利用者の年収がある程度高ければまとまった金額を借り入れることは十分可能です。だいたい半年から一年近く滞納なく返済をしていれば、増枠の申し込みには積極的に対応してくれるところが多いため、始めのうちはきちんと返済を続けるようにしましょう。(こちらもご参考に→プロミスは自動で増額できないの?

もちろん、利用限度額があがったからと言って追加で借入をしなければならないというわけではありません。借入額が0円でも契約はそのまま継続していますので、利息の負担がないように普段は借入のない状態にしておき、いざと言うときにまとまった借り入れをするという人もいます。融資スピードも早いですし、提携先のatmもたくさんありますので、旅行や出張などで遠出をしているときにもすぐに現金を出すことができて、とても便利です。