家族に内緒で借り入れをしたいのですが、プロミスからの郵便物には社名が入ってしまうのでしょうか?

いいえ、入りません

利用明細などを送るときには事務センターなど名前を伏せて送りますので、プロミスからの郵便物だというのは本人にしか分かりません。

どうしても郵便物が届くのが嫌な場合は、インターネットで利用履歴や残高を確認する電子交付サービスが便利なのでそちらを使うのをオススメします。この電子交付サービスを利用している場合は延滞などトラブルがなければ郵便物を送ることはありません。

電子交付に切り替えるにはインターネットで会員ページから簡単に切り替えることができますので、手続きも簡単です。どうしてもわからない場合は窓口かフリーダイヤルにお問い合わせ下さい。

毎月定期的な借入や返済がある場合、増額も可能となりますが、希望する時は本人確認書類として運転免許証や健康保険証、そして現在所得がある事を証明するために直近2カ月の給料明細や源泉徴収票が必要となります。審査が済めばすぐに増額も可能となりますので、現在の借入状況では物足りない場合はぜひ相談してみて下さい。

初めての借入の場合も同様の書類が必要ですが、ポイントサービスに登録すれば初回の借入は30日間利息無料サービスがあるので非常に便利です。まずはどんな感じか借り入れをしたい場合はこの30日利息無料で借りてみるのも良いですよね。

自分のライフスタイルに合わせた借り入れをして、充実した毎日を送って下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスの評判に関するおすすめ記事はこちら

プロミスの郵便物は社名がないのかについて

プロミスの郵便物は社名がないのかは、記載がありません。個人名にて郵送物が届きます。郵送物は親展で送られてきます。中身を勝手に同居している方に開けられない限りプロミスだとは分からないようになっています。プロミスからの郵送物として何が送られてくるかというと、契約書類やキャッシングカードなります。

カードローンの申し込みをインターネットから申込みして、契約手続きをインターネットで行うと、キャッシングカードは後日自宅に郵送されてくることになります。郵送が困るのであれば、最寄りのプロミスの店舗に行って自動契約機で手続きすれば、自宅に契約時の書類が送られてくることはありません。その場で、すべて書類は受け取れるからです。

その他に、自宅に郵送物が送られてくるものとして考えらるのが督促状になります。これも個人名で郵送されてきます。そもそも返済期日までにきちんと入金をしていれば、このような督促状が送られてくることはありませんので、返済管理には気をつけなければなりません。
(⇒プロミスから自宅に電話はかかってくる?

そして、商品案内としてダイレクトメールが郵送されてくることもあります。このよな販促物に関しては契約時や利用開始後も必要がなければ、拒否することができます。督促状に関しては、返済しなければならないものですので拒否することはできません。

また、提携先ATMを利用された場合ですが、利用した提携先によっては法律の要件を満たしてない領収書が発行されるATMもあります。それは、次回の支払期日が記載されてなかったり、返済金額などが記載されてないなどです。

このようなATMを利用された場合に限り、後日法的要件を満たした領収書を自宅へ郵送してくれるサービスを行っているのですが、必要がなければ送ってもらわないようにすることもできますが、勤務先を送付先にすることもできます。勤務先を送付先にする場合ですが、転職や異動になったときはすみやかに変更の連絡をすることです。そうしないと前勤務先に郵送物が届くことになります。