ローンカードを持とうと思い、いろいろ調べています。電化製品や楽器を買うときのローン以外には、キャッシング経験がありません。年収もそこそこありますし勤務先は創業50年を超える企業なので、審査のことはあまり心配していないのですが、どこのカードにするかで迷っています。

テレビCMでも有名なプロミスにしようかと思っているのですが、口コミ情報をみていて気になることがあります。よい口コミ情報ばかりで、悪い口コミ情報が少なすぎるように感じます。情報の操作でもしているのかと勘ぐってしまいます。口コミ情報を信用しても大丈夫でしょうか?

プロミスは充分に信頼できる金融機関です

あまり良い口コミばかりだと、疑いたくなる気持ちはわかります。店頭のブランドバッグに「これは本物です」というポップがあれば、逆に怪しいと思ってしまうのは人情ですよね。アプリのレビューでも、アプリ制作会社の社員全員が星5つ評価をつけたり、ライバルアプリに対して星1つ評価でおとしめたりと、いわゆるレビューマーケティングが問題になったりしています。レビューマーケティングを商売にする企業すら存在します。

金融機関の口コミについても、ステルスマーケティングといって、いわゆるサクラの情報が流れているのも事実です。ですが、口コミの数が充分に大きければ、総論的には信頼できる情報です。プロミスの口コミについていえば、口コミの数は膨大なので、全体的には充分信頼できる情報です。実際にプロミスは、もともと優良消費者金融として有名でしたし、銀行グループの一員になってからは更に安心できる金融機関になっています。
(⇒プロミスの評判に関するおすすめ記事はこちら

悪い口コミもないわけではありませんが、これはどこの金融機関でもいえることなので、そこを気にする必要はないでしょう。プロミスは安心して利用できる金融機関です。しかも、信用審査能力が高いためか、審査に通りやすい金融機関でもあります。

ちなみに、悪い口コミの中に、「審査に落とされた」というのがありますが、これはプロミスの評価をおとすものではありません。たとえば、年収200万円の人が利用限度額100万円のローンカードに申込めば、総量規制にひっかかるので審査には通りません。総量規制というのは年収の3分の1超の貸付を規制するもので、プロミスが貸したいと思っても法的に貸せないのです。プロミス以外の消費者金融に申込んでも審査には通りません。

【参考ページはこちら】
プロミスの口コミは信じられないってホント?

プロミス悪口コミはあくまでも他人の意見として見ておきましょう

インターネットには基本的に褒める文化は少ないので、プロミス悪口コミもあくまでもその一つと思えばいいのです。消費者金融は借りる側からすれば金利が低い方がいいですし、融資限度枠も大きい方が良いに決まっています。ただ借りる側の職業や収入や勤続年数等の属性によって融資限度枠が決まってきますから、借りる側の思い通りの限度枠にならない事も有ります。

悪口コミは自分の思い通りにならない時に意見を書く事が多いので、悪口というか良くない意見を書く事が多くなります。ただ第三者が冷静に見てみると、個人の収入状態による愚痴としか思えないものがほとんどです。確かに金利を見てみると住宅ローンや自動車ローンと比べると、消費者金融の金利はかなり高いです。しかしそれも担保も保証人も必要が無い消費者金融の性質を考えると仕方のない部分といえます。

プロミス悪口コミは悪口を書いてすっきりしたいというだけの意見がほとんどです。お金の貸し借りで冷静に意見を書いているのをほとんど見ないのが実情です。特に消費者金融でお金を借りるほどの切迫した状況の場合は、とりあえずお金を借りる事が目的でどうにかお金を借りる又は断られた経験から意見を書いているので、お金を借りられた方は悪口コミを見る必要が無いですし、借りられなかった方が悪口コミで意見を書く事がほとんどなので良くない意見も多く見かけます。
(⇒プロミスには悪評ってどのくらいあるの?

悪口コミもそうですが、インターネット上では自分の素姓をあかして意見を書く事がまずないです。面と向かって自分の素性を明かして冷静な意見を書けば悪い意見でも納得しますが、性質上素性を明かさないインターネット上の意見は、よほどきちんとした分析を元にした意見でないと信用できないものです。

プロミスでお金を借りようと思っている場合は、プロミス悪口コミの意見を鵜呑みにするのではなく、フリーダイアルで相談や質問が出来るのでそこで疑問に思っている事を聞きましょう。他人の意見はあくまでも参考程度にしかならないので、自分で情報を確認する方が賢明です。