仕事もみつかり、ひとり立ちできたので、プロミスでカードを作ろうと思いました。プロミスを選んだのは、テレビCMで有名で、銀行のサービスだから安心だろうと思ったからです。でも、ネット上でみてみると、プロミスは消費者金融となってたり、銀行系の金融機関となってたり、いろいろです。少し不安になります。

プロミスって、銀行系の金融機関なのですか?

プロミスは銀行系の消費者金融で、安心して利用できます

プロミスは、メガバンクを含む大手銀行グループの完全子会社で、消費者金融を業務として行う会社です。プロミスというのはブランド名になります。もともとは、プロミスが社名だったのですが、銀行系になったあと社名変更したのです。社名は変更したものの、プロミスという名前には大きなブランド価値があるので、ブランド名として残したのですね。プロミスは銀行系の金融機関だといって差し支えないです。
(⇒プロミスの銀行はどこ?その銀行以外でも借り入れできる?

プロミスは、銀行系になる前から安心して借りられる消費者金融でした。いわゆる優良消費者金融ですね。(こちらもご参考に→プロミスの評判に関するおすすめ記事)ですから、大手銀行グループも、グループの一員としてプロミスを選択したのではないでしょうか。もともと安心して借りられるプロミスが、銀行系になってさらに安心して借りられるようになったということでしょう。

テレビCMでプロミスに目をつけたということですが、これは正解ですね。信頼できて安心して借りられるのはもちろんですし、審査の精度が高いためか資金が潤沢なためか理由はよくわかりませんが、比較的審査にとおりやすいというのも良いところです。

プロミスは銀行系ではないので総量規制が適用される

プロミスは銀行系ではありませんので、融資のサービスに関しては総量規制が適用されて融資の枠に制限が付きます。勘違いをされている方も多いのですが、プロミスのような大手の消費者金融であっても貸金業者という肩書きが付いている以上、サービスを提供するときには貸金業法における総量規制の制限を受けることになるのです。そのため、融資に関して安全性が増すことになります。

なぜプロミスが銀行系ではないと言えるのかと言うと、そもそもプロミスそのものが総量規制の適用を受けると断言しているからです。ホームページや案内書を確認すれば一目瞭然ですが、プロミスは上限を超える範囲に関しては収入証明書を必要にしますし、おまとめローンなどを利用するときには貸金業法の枠組みによってサービスを提供しなくてはいけません。(こちらもご参考に→プロミスのおまとめローンを利用するための条件は?

そもそも、銀行系のサービスと貸金業者のサービスの違いをきちんと理解しなくてはいけません。基本的に、銀行系のサービスと言うのは銀行法と言う法律によってサービスが提供されるものです。銀行法には総量規制が存在しませんので、これに依存するサービスは融資の上限は存在しません。銀行の住宅ローンなどを考えればわかりやすいですが、本人の年収を大きく超えてお金を借りることが出来るのです。

反対に、貸金業者というのは貸金業法という特別な法律に依存することになりますので融資の上限が存在するのです。銀行系のサービスとそれ以外のサービスを区別する基準は、融資の枠が発生する総量規制の有無の違いですので、総量規制が適用されるプロミスは厳密に言えば銀行系ではないと言えます。それは、プロミス自身がそう認めているのです。

銀行系のサービスではない貸金業者のメリットは、融資の申請の審査が簡易的になっていることにあります。融資の枠が制限されていますので契約に関してトラブルが発生しにくいと言うメリットがありますので、借りやすいサービスを提供しているわけです。

【参考ページはこちら】
プロミスで借り入れできなくなった…どうして?