プロミスのカードローンを申し込もうと思い、いろいろ調べたのですが、SMBCのカードローンも審査しているのはプロミスだということを知りました。ということは、プロミスに申込んでも、SMBCのカードローンに申込んでも同じだということでしょうか?

銀行のほうがなんとなく安心そうなので、もしそうならば、SMBCのカードローンに申込もうと思うのですが。

プロミスの方が審査に通りやすく、しかも安心です

まず、「銀行のほうが安心そう」というのは、プロミスのような大手消費者金融についてはあてはまらないですよ。たぶん、昔の消費者金融の内、優良ではない消費者金融のイメージがそのまま残っているのでしょう。たしかに厳しすぎる取立てで問題になった消費者金融がありました。

一方でプロミスのような優良な消費者金融は、今では大手消費者金融と呼ばれるようになっていますが、対応の丁寧さなどは銀行以上だと思います。安心という点では、プロミスでもSMBCでも同じだといえます。ただ、審査の通りやすさに違いがあります。(こちらもご参考に→プロミスの審査に関するおすすめ記事

プロミスのカードローンもSMBCのカードローンも、同じプロミスが審査するのですが、全く同じ審査をするわけではないのです。理由もなく変えているわけではありません。キャッシングのタイプが違うので変えざるを得ないのです。金利や限度額が違うので、むしろ、同じ審査であれば不公平だということになります。公平に審査すると、プロミスの方が審査に通りやすいということになるのです。

もし、年収も高くて有名な大企業に勤続5年といったような非常に条件の良いかたであればSMBCのカードローンに申込むのがよいですが、そうでなければ審査に通りやすいプロミスを選択するほうが賢明でしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査では勤続年数も確認される?

プロミスを飛ばしてsmbcで借入をした場合

プロミスは現在、銀行と提携してから正式にはsmbcコンシューマー・ファイナンス株式会社という名称になっています。そのため、プロミスを飛ばしてsmbcで借入をした人は、聞いたことのない業者から連絡が来たりして驚くこともあるでしょう。

実際には、プロミスの頃からのスタッフやシステムをほぼそのまま継承して営業していますので、現在新たに申し込みをしてもそれほど大きな違いはありませんが、銀行がバックについていると言うことで資金力や信頼性がアップしています。システムはそのまま踏襲していますので、比較的審査には通りやすいですし、融資もスピーディーで最短即日現金を受け取ることができます。

使い道は自由ですし、保証人をつけたり担保提供をする必要もないため、目的別の融資に通らなかったときなども利用しやすく、便利です。キャッシングの中では利用限度額が高めに設定されていますし、金利も銀行系のカードローンと遜色ないほど低めに設定されていますので、まとまった金額を借り入れたいときなども便利です。

ただし、古くからプロミスを利用している人は利用限度額も高く設定されていることがありますが、近年では消費者金融系の融資は利用者の年収の3分の一までしか融資ができないようになっていますので、年収が少ない人は希望通りの利用限度額にならないことがあります。
(⇒プロミスの限度額引き上げはどうすれば?

これは消費者金融系、信販系のいずれも同じ条件になっていますので、年収が少なくてもまとまった金額を借りたいという人は、銀行系のカードローンや目的別ローンなどを検討した方がよいでしょう。申し込み手続きはほぼ全てオンラインで完結することができますので、店頭窓口などに出向く必要もありません。

その日のうちに現金が必要なときには、預金口座への振込みによって受け取ることができますが、銀行の営業時間外の場合には、無人契約機でキャッシングカードを発行した上で、提携先のatmを利用して現金を引き出せます。