教えてください。今プロミスを使っているのですが、ふと、プロミスってサラ金なんだろうか、消費者金融なんだろうか、と思いました。今はどこの会社も「キャッシング」って名前を使っていますが、結局一緒ですよね?

個人的に、サラ金=良くない会社、消費者金融=良い会社、ってイメージがあるんですが、プロミスはどっちですか?

サラ金=消費者金融です

恐らく、サラ金とヤミ金がごっちゃになっていると思われます。サラ金はサラリーマン金融の略で、個人向け小口融資のことです。ヤミ金とは、闇金融の略で、違法な金利や取り立てなどを行う違法業者のことです。まずこの違いを覚えておいてください。

消費者金融とは、その名の通り消費者、サラリーマンも含め、自営業者やパート、アルバイトなどの消費者向けの小口融資です。つまり、サラ金と消費者金融は同じ意味なのです。プロミスはサラ金、消費者金融ですね。「キャッシング」と言う方が、堅苦しくなく、利用しやすいイメージがあるため使われているのです。

また、街金という言葉もありますが、こちらは中小キャッシング会社を指す言葉として使われています。中小と言っても、地元地域に根差していて、柔軟な対応をしてくれるところもありますし、地元の事情を熟知しているからこその返済計画を立ててくれることもあります。

注意したいのが、街金の中にヤミ金が紛れていることです。誰でもすぐ貸します、無職でもOK、証明書類不要など、甘い言葉を広告に載せているところはだいたいそうです。そのようなヤミ金は、電話番号が携帯番号だったり、貸金業の登録番号がデタラメだったりするのですぐ分かります。金融庁のホームページでも、悪質業者の注意喚起をしているので、一度ご覧になってください。

話を元に戻しますと、プロミスは大手消費者金融です。もちろん、良いキャッシング会社ですので、これからも安心してご利用ください。
(⇒プロミスの悪い口コミは少ないってホント?

【参考ページはこちら】
プロミスのキャッシングは融通が利く?

プロミスは、もはやサラ金ではありません。じゃ、何?

プロミスはサラ金ではないと言ったら、誰でも反論するでしょう。しかし、やはり厳密な意味で考えると、もはやプロミスはサラ金ではないのです。アコムも、アイフルも違います。借りる側にとってみれば、むしろ銀行や信用金庫に近いイメージです。

そもそもサラ金とは何でしょう。これは、サラリーマン金融の略で、かつて世の中を荒らした悪徳金融集団のことを指します。まずは利息が法外でした。借り入れた金額の2倍、3倍と返済しなければならないという例は、ザラでした。

そんなに返済できるわけがありませんが、返済しないと怖いお兄さんが、24時間いつでも大声で自宅のドアをたたき続けて強引な取り立てをします。家の壁には、返済を迫るたくさんの張り紙が貼られました。勤務先にも電話は何度も入りました。同僚にまで迷惑をかけてしまっていたのですね。返済できなければ、別の融資先を紹介して、また借金地獄へと導きました。そうして、自己破産をするまで、永久に取り立てを続けたのです。

それがサラ金です。現代のプロミスは、どうですか?似ても似つかないくらい、健全企業になっていませんか。店舗に言ってみれば分かります。どこにも怖いお兄さんなどいません。やさしい受付のお姉さんが笑顔でニコリとしてくれるほどです。

プロミスはすでに三井住友銀行の系列です。グループ全体に共通するサービス研修を、しっかりと受けています。アコムも三菱東京UFJ銀行の系列です。世界に冠たる大銀行の傘下です。かつてのような法律を無視した営業活動など、できるわけがあらいません。アイフルは銀行系列ではありませんが、独立した東証1部上場企業として、他の消費者金融をけん引する重要な枠割を担っています。

現代のサラ金は、いわばヤミ金です。ブラックリストの人にでも貸付を行い、法律を無視して活動している地下組織のような金融業者です。ヤミ金には手を出さない方が良いでしょう。上記のようなかつての消費者金融地獄に陥る可能性もあります。