家族には内緒でプロミスに申し込もうと思っています。今まで少ないお小遣いの範囲内で、何とかやりくりしてきましたが、冠婚葬祭や子供の進学、会社の付き合いが重なり、さらにお小遣いが減らされてしまいました…。とてもじゃありませんが、社会人の男性が足りる額ではありません。

でも、キャッシングについて調べているうちに、自宅に電話が掛かってくることがあると知りました。固定電話がある方が審査に通りやすいらしいのですが、自宅の電話は妻が必ず取るので、非常にマズイのです。どうにかならないでしょうか。

携帯電話だけでも大丈夫です

お小遣いが少なくて嘆いているお父さんは少なくありません。最低限、必要経費分は渡されているにしても、やはり職場の付き合いを無くすわけにはいきませんよね。円滑な人間関係を築く場でもありますし、場合によっては昇進に響くこともあります。

さて、ご心配の自宅への電話ですが、わざわざ固定電話の番号を申込書に書く必要はありません。ご自分の携帯番号でも充分です。今は固定電話がある世帯の方が少なくなってきていますし、若い人ほど携帯電話しか持っていないことが多いでしょう。ですから、固定電話か携帯電話かで、審査の内容が大きく左右されることはほとんどありません。

それよりも、勤務年数や居住年数、職業の安定度、過去の借入状況の方がよほど重要です。また、返済をきちんとできるか、返済シミュレーションで確認することも大事です。返済が滞ると、督促状が自宅に届きますので、そこでバレてしまったというケースもあります。

お金を借りる前に、奥様に粘り強くお小遣いアップの交渉をしてみてはいかがでしょうか。それでもダメな時は、プロミスを上手に利用してくださいね。

【参考ページはこちら】
プロミスからの郵便物が届いたら家族にバレる?

プロミス自宅に電話することがあるかどうかについて

プロミス自宅に電話はほぼありません。プロミスが電話を自宅や携帯電話にする場合は、審査が通った際に希望利用可能額を知らせる際に行われる場合がありますが、電話連絡は少なくなっているようです。電話連絡が行われるのは、支払いが遅れている事が主な理由のようです。プロミスの返済方法は定期的な口座引落による返済の他にATMからの返済も可能となっています。

ATMはお金を借りるだけではなく、お金を返すということでも利用可能です。プロミスは提携している銀行のATMやコンビニの24時間対応ATMを利用できますが、提携銀行のATMは利用時間に制限があるので注意が必要です。また、どちらのATMを利用しても利用手数料は無料で利用できることが多いので、口座引落の日に間に合わなくても、当日中にATMから支払えば問題ありません。

プロミスは審査が簡単だと言われていますが、本人確認が必要な場合は電話連絡が行われることがあります。本人確認は写真入り身分証明書で行われますが、写真が不鮮明だったり、有効期限が切れている場合、現住所が申請と異なる場合には不十分と判断されて携帯電話などに連絡が行われることがあります。

写真入りの身分証明書は免許証、パスポートが利用できます。社員証は認められないことが多いようです。これは、現住所が記載されていないためのようです。また、本籍は確認不要ですので身分証明書のコピーを取る際は本籍を隠しておくことも可能です。

写真入り身分証明書が無い場合は数カ月分の公共料金の請求書に保険証を提出しても良い場合があります。どちらも写真はありませんが、現住所の確認が行えるので審査は行えるようです。

ただし、希望利用可能額が高額だった場合などは本人確認をさらに電話による確認が行われることもあるので、携帯電話や固定電話を記入する際は、確実に連絡が取れる番号を記入することが重要です。固定電話では取り次いでもらうことも問題ありませんが、携帯電話の場合は本人が出ないと認めない場合もあるようです。