急遽キャッシングをすることになりました。プロミスに申し込むつもりですが、審査落ちしたらどうしようと不安になります。実は、趣味のコレクションを買うのにどうしてもお金が必要なのです!なかなか出回らないものなので、これを逃したらいつまた出会えるか…。

手持ちのお金では、かき集めても数万円ほど足りません。この不足分をキャッシングでまかないたいのです。確実に審査に通るコツなどがあったら教えてください。ホント、頼みます!

審査に通るコツは3つあります

確実に通るテクニックはありませんが、これさえ気を付けていれば審査に通るコツは3つほどあります。キャッシングは信用貸しとも呼ばれ、無担保、無保証人である代わりに、利用者の信用度を審査して融資を決定します。信用度とは、その人がどのくらい返済をきちんとしてくれるか、ということです。この信用度を上げるために、次のことが自分に当てはまるか振り返ってみましょう。
(⇒プロミスの審査に関するおすすめ記事はこちら

1、勤務年数、居住年数
この2つは、長ければ長いほど信用度が上がります。年収が低くてもキャッシングできたという人は、勤務年数と居住年数が長いことがほとんどです。どちらも長いということは、生活基盤が安定している、つまり、安定した生活をしているということに繋がり、返済も滞ることが少ないと言えるのです。

2、過去の借入状況
キャッシングに限らず、高額商品を買った時にはほとんどローンを組みますよね。その借入額と返済状況は、「個人信用情報機関」というところに最長10年間記録されます。その間に、返済が遅れたり、滞納が続いたり、自己破産などをすると、「金融事故情報」として残ってしまいます。1度でも金融事故を起こすと、10年経たないとその記録が消えないのです。現在がどんなに安定していても、キャッシングができないという人は、過去の行いが祟っていると言っていいでしょう。

3、在籍確認
審査で必ずするのが、職場への在籍確認電話です。本人が外出などでその場に不在でも、電話を受けた人が、「○○は席を外しております」と言えばOKです。在籍確認の電話は、担当者の個人名でするので、キャッシングからの電話だと知られることはありません。しかし、職場によっては個人名での電話が不自然だったり、電話を受けた人が申込者を知らない部署の人だったら、在籍確認が取れなかったとして、審査に落ちる場合もあります。

いかがでしょうか。この3つさえクリアすれば、ほぼ確実に審査に通ると言っても過言ではありません。

プロミスの審査通るためにチェックしておくべき重要な点とは

プロミスで審査通るためには、幾つかの条件を満たす必要があります。この大手消費者金融は、インターネットの自動的な審査システムを採用しており、これは簡易的な審査となりますが、審査の合否のおおよその目安をつける事ができるようになっています。

この審査の後には、本格的な審査を受け、契約内容などを確認し、正式に契約を交わすことになるのです。この自動的な審査は、審査基準などが本審査とは異なる為に、融資条件や実際の限度額とは異なる金額が提示される事もあります。そのため、審査に通過出来るかどうかの目安として活用する事が重要なのです。(こちらもご参考に→プロミスって審査が緩いの?

プロミスに審査を申し込む際には、申請者の返済能力や借入の状況などが重要なポイントとなります。プロミスの審査基準としては、一般的な消費者金融系のサービスと同様に、他社からの借入の総額が重要になります。この他社からの借入状況とは、他の消費者金融系での借入に加え、銀行のローンや、クレジットカードの利用など、様々な項目が該当するのです。

現在は、法的な規制から、消費者金融系の業者からは年収の三分の一を超える借り入れができなくなっています。そのため、審査通るためには、他社からの借入の状況は重要な要素で、借り入れの総額を予め把握しておく事が大切なのです。万が一、他社からの借り入れ総額が大きい場合は、プロミスでの借入の限度額を低く設定してもらうことで、審査に通過しやすくなります。

また、審査にスムーズに通るためには、過去の借入履歴が重要です。これはお金を借りていた履歴が専門的な機関にデータとして保存されている為で、返済の遅れなどがあった場合は審査に通る事が困難な要因となります。

その中でも、過去の金融事故の情報は審査で重視される項目であり、自己破産や任意整理をした履歴が残っているような方の場合は、信用情報機関にそのデータが登録されている為、予め確認してプロミスの担当者の方に相談しておくことも大切です。
(⇒過去に事故を起こしたらプロミスでは借りられない?

【参考ページはこちら】
プロミスの審査では必ず信用調査が行われる?