ちょうど3ヶ月前、人員整理で会社をクビになりました。今は貯金と失業保険を貰ってなんとかなっていますが、次の職がなかなか決まらず、焦っています。クビになる以前からプロミスを利用していて、カードはあるのですが、現在無職でも使えるでしょうか?

カードをお持ちなら使うことはできます

本来ならば、無職になった時点で変更手続きをしなければならないのですが、今現在返済がなく、滞納もしていないのであれば、そのまま使うことができます。ただし、無職ですので、返済が辛くなるのは覚悟してください。

ですが、次の職場までのつなぎとして利用する方は少なくありません。アルバイトなどをしながら、就職活動もして、となると、時間が制限されてしまいますよね。当面の生活費として借り、就職活動に専念するという人もいます。もちろん、アルバイトと就職活動を両立し、足りない分を借りるのもいいでしょう。
(⇒ニート脱出した人ならプロミスで借りられる?

ただし、返済が遅れたり、滞納したりするのは絶対にしないでください。前の職場に督促の電話が行き、無職になってしまったことがバレてしまいます。そうなると、最悪融資打ち切り、つまり1円も借りられなくなってしまうのです。そうならないよう、アルバイトでも良いので、就職活動前に働くのが、生活面でも信用面でも安心ですね。

アルバイトを始めて、就職活動が長引きそうだと思ったら、変更手続きをしましょう。その時は、うっかりしてて、失業でバタバタしてしまって、と一言添えておけば、プロミス側の心証も違ってきます。長く付き合うカードですから、信頼関係はしっかりと持っておきたいものです。

【参考ページはこちら】
無職でもプロミスで借りられるってホント?

無職の人間がプロミスカードを持つためには?

無職の人がプロミスカードを作ることは可能でしょうか?プロミスは比較的に審査が通りやすいともいわれますが、結論からいえば、無職の人がプロミスカードを作ることはできません。プロミスはれっきとした銀行系の消費者金融であり、中堅、あるいは中小の消費者金融とは一線を画します。一定の返済能力がない人にお金を貸すことはできず、カードを作ることもできません。

ただし、審査に通過すればプロミスカードを作ることができます。審査でチェックされることは、申込者の属性です。属性というのは、本人に関する事柄です。これは多くの要素がターゲットになりますが、要は返済能力を見極めるための属性です。年収、年齢、勤務先、勤続年数、家族構成、居住年数、居住形態、信用情報などがそうです。

無職の人の場合、年収を示すことができませんので、その時点でカードを作ることはできないと思っていいでしょう。もしプロミスカードを作りたいと思うなら、アルバイトでも派遣でもとにかく職を得て、一定の収入が得られるような状態にすることです。ただし、年収が少ないほど借りられるお金も少なくなります。

というのも、プロミスは貸金業法の総量規制の対象になっているからです。総量規制においては、利用者の年収の3分の1までしか貸出を行ってはならないことになっています。融資額は年収に比例することを覚えておきましょう。

さて、審査項目の勤務先については、勤務先の規模が問われます。勤務先の規模が大きければそれだけ収入の安定性が保証されるので、返済能力があると判断されて審査は有利になります。勤続年数についても、長ければ長いほど収入の安定性がありますから、この点で審査が有利になります。
(⇒プロミスの審査と職業の関係についておすすめ記事

居住年数は持ち家であっても借家であっても、長ければ長いほど収入の安定性が認められます。居住形態については、審査で有利になるのは借家よりも持ち家であるといえます。信用情報も審査の重要な項目ですが、過去に金融事故を起こしたことがあると、審査は通らなくなります。