プロミスローンと住宅ローン審査について質問です。以前、プロミスからお金を借りていまして手に負えなくなって任意整理して2年前にようやく完済しました。任意整理の情報が消えるであろう5年後くらいに良い物件に巡り合えたら住宅ローンを組もうと思って、とりあえずのんびり物件探しだけを始めたんですね。物件はたくさん出てくるわけだし、5年後に急いで家さがしをするよりは今からいろんな物件を見て後悔のない家さがしをしようと思っていたんです。

それなのに、とっても気に入った物件を見つけたんです!文句の付けどころがないです。どうしてもこの家が買いたいと思ったのですが、気になったのが信用情報機関の任意整理の情報。恐る恐るダメもとで情報の開示をしたんですよ。

取りこぼしの無いように信用情報機関3社に開示を求めました。その結果、何と3社とも事故履歴が無いんですよ!何でなのかは気になりますが、取りあえず願ってもない情報に舞い上がりますよね。

ところが次の試練があって、それが住宅ローンの申し込み先がプロミスとグループ会社の銀行住宅ローンになりそうなんです。これってプロミスの任意整理が住宅ローン審査に影響したりするんですかね?

カードローンと住宅ローンでは保証会社が異なる

任意整理情報は完済から概ね5年を超えない期間の登録となっていますが、この情報をどうするかは金融機関の判断があるから、要は金融機関のタイミング次第ともいえるわね。その結果、登録情報の削除となったのでしょう。

次の試練の住宅ローンの申し込み先がプロミスとグループ会社の銀行になるというコトね。この銀行だけど、住宅ローンの商品では保証会社がプロミスではないわね。だから住宅ローンの審査ノウハウを持たないプロミスが関わることは無いわよ。カードローンと住宅ローンでは保証会社が異なるからね。信用情報機関の情報も無いことだし任意整理の情報は影響する可能性は低いわね。

【参考ページはこちら】
プロミスでの借り入れ・借金に関するおすすめ記事はこちら

プロミスローンと住宅ローン審査の関連について

日本人の価値観のせいか、借金をよくないことと感じる人は少なくありません。一方で、金融機関には銀行と、預金を取り扱わないノンバンクがありますが、銀行がノンバンクの消費者金融に資本参加するなど、垣根がなくなってきています。

ローンには、事業資金を借りる事業金融と、それ以外の生活資金全般の消費者金融があり、広い意味では事業向け以外はすべて消費者金融です。

そのなかで、住宅ローンや自動車ローンのように資産を担保にしたローンと無担保のローン、結婚資金や教育資金などのように資金使途を限定して、借りた後は返済だけしていくものと、資金使途の制限なく、枠内で繰り返し借りられるものなどさまざまな種類があります。

そのうち、一般に消費者金融といった場合は、資金使途が無制限で、決められた枠内で借り入れと返済を繰り返すことができる無担保ローンのことを言います。
 
プロミスはノンバンクですが都市銀行の三井住友銀行の資本が入っており、プロミスローンと住宅ローン審査においては、利用の有無が直接的に影響することはありません。
(⇒プロミスと三井住友銀行に関するおすすめ記事はこちら
 
住宅ローンの審査では、貸し手は金利収入を得るためにお金を貸すことが目的なので、回収がきちんと見込めるかどうかがポイントになります。

審査の方法は、借手の年収に返済負担割合をかけて、年間の返済可能額を計算し、他社の債務がある場合はその返済額を引いた残りが、住宅ローンの返済可能額とみなします。一般的に住宅ローン以外の借り入れは自動車ローンで5年、無担保ローンは繰り返し借り入れができますが、返済額は5年程度で返済できる計算で、毎月の返済が必要です。

そのため、年収500万円の人の返済負担率を30%にすると、年間の返済可能額は150万円ですが、消費者金融の返済が年間50万円だと住宅ローンは年間100万円を返済に充てることになります。借入可能額が不足する場合は頭金を減らして他社債務を完済し、住宅ローンを増やすことで全体の返済負担率が下がります。

また、返済能力とともにもう一つ、借入れで注目されるポイントにクレジットヒストリー=信用履歴があります。過去にローンやクレジットカードを滞りなく返済してきた信用は、住宅ローン審査でもアドバンテージになります。