昔、債務整理をしているのでブラックリストに載っていますよね?ブラックリストに載った場合、プロミスや銀行からの借入れはムリですか?

以前、プロミスなどの消費者金融5社から数百万円借入れして債務整理をして元金は返済して8年経ちます。債務整理後にカードローンやキャッシングなどの借入れは全くしていません。今のところに勤めて1年ですが、再びカードローンなどの借入れってできますか?

ちなみに以前債務整理したところは再び申し込んでも無理ですよね?他社なら大丈夫ですか?プロミスとかよりも銀行の方が審査が緩かったりしますか?借り入れしやすいおススメとかありますか?

ブラックリストに載っても8年経てば情報は無くなる可能性が!

まず、ブラックリストに載った場合でも信用情報機関の情報は期限が決まっているので、8年経てば情報は無くなっていることでしょう。本当になくなっているのか不安があれば債務整理をした消費者金融が加盟している信用情報機関に問い合わせて情報の開示をすると確実です。

しかし以前、債務整理したところからの借入れは厳しいでしょう。債務整理をしたところでは情報を消さずに半永久的に取ってあります。そのため何年経っても債務整理をしたことは分かります。その点他社では信用情報機関から情報がなくなった時点で債務整理をしたことは分からなくなります。そのため借入れできる可能性が高くなります。

プロミスなどの消費者金融と銀行で審査の難易度を比べてみると審査が厳しいと言われているのは銀行です。けれど、信用情報機関の情報がきれいになっている状態なら銀行に申し込みという手もありますね。審査の難易度は銀行→大手消費者金融→中堅・小規模の消費者金融となっていますよ。
(⇒プロミスの審査に必ず通るコツとは?

ブラックリストに載った場合プロミスや銀行の利用はできるのか

基本的に金融サービスを受ける人間の情報は、ある会社に共有されています。日本に3社存在している、信用情報機関と呼ばれている会社です。CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの三つであります。この会社は借金の返済、またその遅延、返済ができたか否か、自己破産したか、債務整理をしたか、そういう情報を提供し、共有し合っています。

利用者に不利な情報を事故情報と呼びます。この事故情報を記録しているデータベース。これをいわゆるブラックリストと世間では呼ばれているのです。実際にはブラックリストと呼ばれるもの自体は存在しません。(こちらもご参考に→プロミスではブラックでも大丈夫ってホント?

プロミスや銀行は金融サービスを行って、この信用情報会社に情報を提供し情報を受け取ります。そして事故情報があった場合、取引をやめてしまうのです。基本的にこの事故情報がある場合まず取引や契約は行えないとみて間違いないです。キャッシングやローン、クレジットカードの作成も不可能になります。

ではどうすれば利用が可能になるのでしょうか。これは時間が過ぎ去るのを待つしかありません。事故情報は問題を解決してから大体5年間が経つと消えます。自己破産が10年間であったり、返済の遅延が1年間であったりと会社によって違いがありますが、わかりやすい目安としては5年間です。

また裁判所をとおして返済を命令されたりすると10年間記録されてしまいます。気を付けなければいけないのが、消えるのは問題解決をしてから年数を数えるということです。これをカン違いしてはいけません。

また過払い金請求をした場合、債務整理として事故情報に記録されてしまうという事例があったようです。これは今では、訴えれば事故情報から消してもらえます。これは法律で決まっていることなので、過払い金請求によってブラックリストに載ってしまった場合はしっかりと、会社に自分に責任がないことを訴えなければいけません。ブラックリストに載ったのなら、問題を起こさないように我慢することが大切です。

【参考ページはこちら】
モビットの審査に落ちてもプロミスの審査に通れる?