プロミスで60万円借入れできる事になりました。しかし、契約するにあたって必要書類として給料明細2ヵ月分と昨年の源泉徴収票の郵送が必要だと言われました。源泉徴収票と言われて焦ったのですが、もらった記憶がありません。私が忘れているだけなのかと思って同僚にもさりげなく聞いてみたのですが、やはりもらってないと言われました。

源泉徴収がない場合はどうしたらいいの?1年分の給料明細なら取ってあるからそれでもいいの?

会社には源泉徴収票の発行義務がある!

源泉徴収票は会社によって扱いがさまざま。頼みもしないのに毎年年末調整をする時に発行してくれる会社もあれば、希望者のみに発行する会社、全く発行しない会社などあります。しかし、そもそも会社には源泉徴収票の発行義務があるんです。

だから、もらっていないなら会社に「源泉徴収が必要なので発行してください」と言えば、発行してもらえます。これは失くした場合でも有効で、要請されるたびに会社側は源泉徴収票を発行することが義務付けられているのです。

源泉徴収票は確定申告をする時にも必要な書類ですし、住宅ローンを組む時にも必要な書類となります。収入を証明する必要がある時には重要な書類となるので会社側は必要がある時には発行することになっていますよ。

そのため、まずは会社に源泉徴収票が必要なことを伝えてみてはどうですか?1年分の給料明細でいいのかどうかはプロミスの判断になりますね。つまりプロミスに電話となります。

プロミスでの収入証明書類は源泉徴収票か確定申告書、直近2ヵ月分の給料明細書+1年分の賞与明細書のいずれか一点の提出となっているので源泉徴収票がムリなら直近2ヶ月分の給料明細書+1年分の賞与明細書で代用できるのか相談してみてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
プロミスに関するおすすめQ&Aはこちら

プロミスなら源泉徴収がない場合でも一定額なら借り入れ出来ます

当然どんな消費者金融やカードローンでも他社借り入れや信用情報を確認しますが、プロミスでは源泉徴収がない場合でも改正貸金業法に準じて自社借り入れなら50万円まで他社での借り入れの合計額が100万円を下回っていれば収入証明書の提出不要です。多くの消費者金融やカードローンも総量規制の対象になっている場合は、概ねこのような対応になります。

ただいくら源泉徴収票が必要が無くても、収入を審査しますし会社への在籍確認は行います。審査の為に記入した項目に虚偽があった場合は、審査が取り消されて融資を即時返還しなければならなくなります。収入証明書が必要ないのは、あくまでも少額の借り入れに対する審査の煩雑さを考えた国の方針というだけの事なので、借り入れが多くなれば収入証明書が必要になる事も有ります。

源泉徴収がない場合は会社に再度作ってもらうか若しくは税務署から収入証明書を取るか、どちらかの方法で手に入れておく必要が有ります。

他の借り入れが100万円を超えたり若しくはプロミスでの借り入れが50万円を超えた場合には、即座に収入証明書の提出を要求される可能性があるので、もし提出しない場合は借り入れた金額全額を即座に返済しなければいけなくなる可能性も有りますので、源泉徴収票や収入証明書をあらかじめ用意しておくのが賢明です。

金額にもよりますがいきなり借入金全額を返済するのは難しいので、収入証明書を要求された場合は提出期限までに必ず証明書を用意しなければいけません。仕事で忙しい方もいらっしゃるでしょうが、これは仕事以上に重要ですし1日有れば十分収入証明書や源泉徴収票は用意できます。

こういう面倒くさい目にあわないためには、プロミスで借りる場合でも50万円以内で且つ他から借り入れる場合でも借り入れ全体が100万円以内で抑えておけば収入証明書が必要無いので、プロミスは融資限度枠が大きいので50万円を超えてしまいそうですが、収入証明書の提出が不要な金額を心がけて利用すれば問題なしです。