30代、現在無職です。なかなか職場が長続きせず、少しのんびりしたくてアルバイトもしていません。この前ネットをしていたら、無職でもプロミスで借りられるという記事を見たのですが、本当でしょうか?少し貯金が心許なくなってきたので、ここらで借りておきたいのですが…。

完全な無職の方は借りられません

お金を借りる最低限の条件として、「継続して安定した収入がある方」というものがあります。アルバイトも何もしていない、完全な無職の方は、残念何がら審査に進むことなく、申し込みの時点でお断りされてしまいます。では、どういった方法を取るべきか、答えは働くことです。
(⇒プロミスは仕事してなくても借りられる?

方法の一つに、派遣会社に登録するというものがあります。ある程度勤続年数が必要ですが、プロミスは勤続年数が短くても、安定した企業にお勤めならば審査に通りやすいというデータもあります。派遣バイトの場合、登録して1年ほと経たないと借りられないという体験談もありますが、ケースバイケースになります。勤続年数が長いほど、信用度が高くなるのは言うまでもありませんね。

仕事が長続きしないとのことですが、派遣ならば単発バイトで自分のペースで働けますし、色々な職業を経験できますし、ご自分に合った職業、職場に出会える可能性もあります。貯金が少なくなっている今こそ、少しずつ働いて、安定するまではバイトとプロミス利用で乗り切ってはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査と職業に関するおすすめ記事

無職でもプロミスのサービスで融資を受ける方法とは

金融機関からお金を借りる際には、安定した職に就いている事が条件になります。これは金融機関からの借り入れでは、返済能力が重要になるためで、安定した収入を得ている事が融資を受けるための必須条件となるのです。これは大手消費者金融のプロミスでも同様で、基本的には正社員という雇用形態で融資を申し込む事が必要になります。

しかし、プロミスは良心的な融資条件を提示している事から、派遣社員などの雇用形態でも審査に通過できることがあります。派遣社員の方の場合は、安定した収入というのが基本的な条件となり、勤続年数などが考慮される事が多くなるのです。そのため、勤続年数が半年以上経過しているような場合は、審査に通りやすくなります。(こちらもご参考に→プロミスで借り入れできない人の特徴は?

しかし、失業中の方の場合は、新たな職を探して、就職してからプロミスに申し込む事が必要です。無職でもプロミスで申し込みは出来ますが、審査に通過することは非常に困難です。これは無職であったり、失業状態である申込者の場合は、審査基準を満たせないことが理由となり、プロミスで融資のサービスを利用することは出来ないようになっています。

しかし、プロミスでは無職の状態でも、年金を受給している方である場合や、何らかの方法で毎月の収入を得ている方の場合は、融資を受ける事ができるケースがあります。これは仕事をしていない状態でも、毎月収入が得られている状態である為に、審査基準を満たす事ができるためで、無職というカテゴリーには該当しない為です。

プロミスでは無職の状態であれば融資は難しくなりますが、仕事をしていて毎月収入がある状態であれば、借入れが出来ます。これは正社員という雇用形態に限らず、借入を行うためには他の雇用形態でもかまいません。そのため、経済的に安定しているという事を証明できれば、審査に通過できる可能性が高まりますので、職に就くことさえできれば、プロミスのサービスを利用する事ができるようになるのです。