今月末まで生活費が足りそうにありません。借入を考えているのですが、モビットとプロミスだったらどう違うのでしょうか?

どちらにもメリットがあります

借入は初めてですか?モビットとプロミスにはどちらもそれぞれの強みがあるので、どちらがいいかはケースによります。(こちらもご参考に→モビットに落ちてもプロミス利用できる?

まずプロミスの大きなメリットは初めての借入の場合、ポイントサービスに登録すれば30日間無利息キャンペーンがあるので入門にはぴったりといえます。もちろん、無利息だと返済額も負担にならないのでトライアルで借りてみるのも良いですよね。

スピードを求めるならモビットです。インターネットで申し込んで振り込み手続きを完了させれば窓口に行ったり書面を書いたりという手間や時間が省けるので、本当に急いでいる場合はモビットのスピードはありがたいものです。

ちなみにどちらも最大500万円まで借り入れができるので借入額は考慮する必要がありません。借入がインターネットで完了できるモビットは周囲にばれずに借りれるのも人気な点です。職場や自宅に電話がかかってきたら困るという人はモビットがおすすめです。

しかし深夜や休日にお金が必要という人はプロミスの自動払い出し機を利用すると便利ですので、どちらもそれぞれのメリットがあります。

大事なのは無理な借入をしないことと、返済の計画を立てることです。気持ちが急いでいるときは冷静な判断ができなくなりがちですので、落ち着いているときにもしもの借入金額を算出しておくのが一番のポイントですよ。

【参考ページはこちら】
プロミスはすぐにお金が借りられるってホント?

モビットとプロミスの共通点と違う点について

モビットもプロミスも誰もが一度は名前を聞いたことがある消費者金融会社です。どちらもテレビでCMを流しており、プロミスはサービス向上委員会で有名ですし、モビットも有名人をCMに起用しています。そんな二つの共通点は、どちらも担保や保証人を必要としないで、個人に小口の融資を行っています。

またモビットとプロミスには、大手銀行である三井住友ファイナンシャルグループが関係しています。なのでこの二つは同じグループの仲間といえます。しかしここでモビットとプロミスには少し異なる点があります。プロミスは、三井住友銀行が直接経営を行っています。一方のモビットは、プロミスが50パーセント、三井住友銀行が50パーセント出資をして経営を行っている消費者金融なのです。このあたりが少々違ってきます。
(⇒三井住友銀行で住宅ローンを組んだらプロミスに影響出る?

ちなみにプロミスは、利用者がおよそ190万人いると言われており、消費者金融業界で、第2位の地位を占めています。老舗の消費者金融会社で、30日無利息サービスが有名です。初めて利用する方であれば、ポイントサービスに申し込みをすれば、30日利息0円で利用できます。またレディースキャッシングも行っており、女性にやさしいキャッシング会社ともいえます。

一方のモビットですが、こちらも大変優良な消費者金融会社です。消費者金融の審査のゆるさと銀行系の利用限度額の高さ、金利の低さを兼ね備えていると評判です。最初の枠は小さいけれども、信用が増えてくると枠が大きくなってきます。おまとめローンにも積極的です。審査通過率の高さも評判です。

またモビットとプロミスは、三井住友銀行に口座を持っていると、即日口座振り込みが可能です。また返済についても、自動的に口座引き落としができます。どちらもWEB完結ができるので、わざわざ店舗へ行かなくても、ネットで申し込みをすれば、審査が行われ、即日中に口座に現金が振り込まれます。忙しい人には大変便利なシステムです。