プロミスという消費者金融がありますが、こちらの親会社はどこになるのでしょうか。最近は銀行が消費者金融事業を買収し、子会社化するといったことがよく行われていますよね。中には銀行のグループに入ったからと、消費者金融ではなく銀行カードローンとして生まれ変わったようなところもあります。

昔とは消費者金融を取り巻く環境も大きく変わってきているように感じます。プロミスについてもそのような時代の流れといいますか、吸収されたり買収されたりしているのでしょうか?

プロミスは三井住友銀行グループになっています

お察しの通り、現在プロミスは三井住友銀行グループの中の「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」という名前が正式名となっており、消費者金融事業ではありますが独立しているものではなくなっています。「プロミス」という名前ではありますが、それはあくまでブランド名のようなもので「株式会社プロミス」は事実上なくなっていると言ってもいいでしょう。
(⇒プロミスと三井住友銀行ってどんな関係?

そのため、グループ会社といいますか、親元である三井住友銀行の商品である「三井住友銀行カードローン」の保証事業をプロミスが行っています(もちろん会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社という正式名で記載されているため、プロミスの名前は記載されていません)。

銀行グループのひとつになってはいますが、あくまで事業内容としては「消費者金融業」としており、銀行法が適用される銀行カードローンではなく貸金業法が適用される消費者金融業を行っています。ですので送料規制や配偶者貸付など、お金を借りるにあたってパスできない部分がいくつかある形になっていますね。

利用する側からすれば何がかわったのかよくわからないほどにナチュラルに営業を続けているような印象ですが、調べてみると実は会社としてこの銀行とつながりがあったのか!と驚かされることも多いですね。

【参考ページはこちら】
三井住友とプロミス、どっちから借りればいい?

現在のプロミスの親会社は、三井住友銀行です

急にまとまった額のお金が必要になったけど、給料日やボーナス支給日前で手元にあまりお金がなくて困った、というご経験はありませんか?その額が、数万円から数十万円にもなると、そう簡単に貸してくれる人はいないのが普通です。そんなお困りの状況で、頼りになるのがキャッシングです。

キャッシングで借りたお金は、使い道が限定されません。個人として使用する(事業資金として使用するのではない)限り、どのような用途にも使用できます。例えば、飲み代の足しにしたり、旅行資金にしたり、あるいは、生活費に充当したりということも可能です。

また、キャッシングは、申し込みから実際に利用可能となるまでに要する時間が非常に短いため、申し込んだその日に、即日で借り入れを行うことも可能です。そのため、急にかなりの額のお金が必要になって、今日中になんとか借り入れを行いたいという場合でも、キャッシングなら簡単です。また、コンビニ等に設置されたATMからお金を引き出す形で借り入れすることができますので、いつでもどこでも借り入れ可能です。

ただ、キャッシングは、消費者金融会社からお金を借りることです。以前は、消費者金融会社の一部に、強引な取り立てをする悪質な業者もいたため、そのようなイメージが残っていて、利用するのはちょっと、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、今は、大手の消費者金融会社が、大手銀行グループに属することが多くなりました。例えば、大手消費者金融会社の一角であったアコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入りました。

また、同様に、大手消費者金融会社のプロミスの親会社は、現在は、三井住友銀行です。なお、現在、プロミスという会社は存在せず、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスがプロミスという名前を使用して、キャッシング事業を行っています。
(⇒三井住友銀行カードがあればプロミスで借りられる?

つまり、現在のキャッシングは、大手銀行の傘下にある消費者金融会社が取り扱っている場合が多いことから、銀行の信用もあり、かなり安心感がありますね。