よく質問であるのは、「借り入れが出来る人ってどんな人?」っていった質問だと思います。まあ、確かにどんな人がお金を借りることが出来るのかっていうのは大切ですよね!じぶんがそれに当てはまっているのか気になるのもよーくわかります。

でも自分は、その逆である「どんな人が借り入れが出来ないのか?」っていうことが知りたいんです。それに自分が当てはまっていたらムリかもしれないけど、当てはまっていなかったらお金を借りることが出来るかもしれないってことになりますよね?特にプロミスで借入れできない人はどんな人なのか知りたいですね。

プロミスに限らずお金を貸したくないような人は借りられません

まあ、こういうのって確かに気になるところではあるわよねー。とはいったって、結構こういうものの答えってシンプルなものよ。「どうみたってこんなヤツにはお金を貸したくない!」って思えるような人はプロミスであれどこであれお金を借りられない人になるんじゃないかしら?

自分が貸す側に立ってみると想像がしやすいと思うわ。システマチックな話でいうと、まずは信用情報に悪い情報が載っている人ね。延滞してるとか、踏み倒してるとかそのあたりは特によく見られるんじゃないかしら。

あとは…これは悪いとは一概に言えないところがあるけど、自己破産なんかの債務整理もそうね。なにかしらお金に関するトラブルや悪い情報を持っている人に対してはお金は貸しにくいと思うわ。「知り合いで金遣いが荒くてよく友達からお金借りながらも全然返さないヤツがいるんだけど、お前アイツにお金貸してやってくれない?」って言われても絶対イヤでしょ(笑)。

あとは、既に他の会社から借り入れが結構あったりする場合もプロミスでは厳しいことになるみたいね。もちろん他社からの借り入れがあるひと全部にそういうわけじゃないけど、どうしても総量規制があるからそのあたりは慎重にならざるを得ないってところがあるんだと思うわ。

年収300万円の人が既に90万円借りていて、そのうえプロミスで30万円貸してよ!って言ってきたってプロミス側ではどうしようもないからね。かせても10万、そもそも貸していいものか…って躊躇しちゃうよわね。

「こんな人ならまあお金を貸してもいいかな」って他人に思わせるような人になることが大切かもしれないわね。審査は確かにシステムで振り落とされる一面もあるけれど、最終的に審査するのは人間だから。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査は甘いから通りやすい?

借り入れが手軽なプロミス借り入れできない人

消費者金融はさまざまな会社があり、気軽にお金がない時に借り入れが出来るとして、とても便利になりました。近年ではスマートフォンや携帯電話やパソコンなどのインターネットからの申込みができる為、いつでもどこでもどんな時間帯でも申込みが簡単な入力で出来る事で、多くの方達に便利にキャッシングが出来て身近な存在になっています。

三井住友銀行グループのプロミスは、銀行系の消費者金融なので安全で安心してキャッシングが出来るのも特徴で、24時間の申込みがプロミスの公式サイトからできます。

キャッシングが手軽に出来るプロミスでは、30日間の無利息サービスなどもあり人気の消費者金融ですが、融資の申込みの際に審査されるのは20歳から69歳までの安定した収入のある方で、パートでもバイトでも収入のある方は融資が受けられます。

プロミス借り入れできない人は、20歳以下の方や70歳からの方や無職の人で主婦の方で収入があれば問題はないのですが、夫が失業中の場合などはプロミス借り入れできない人とみなされてしまいます。
20歳の方でバイトなどをして収入のある方の場合や、主婦でもパートやアルバイトの方でも融資が受けられます。

プロミス借り入れできない人は、他の消費者金融の会社でもほとんど断れる場合があり、逆にプロミスでの審査に落ちてしまったが、他社では融資が受けられた方では高額な返済額になってしまいトラブルが発生する場合などがあり、気をつけておかなければならないです。

融資限度額が1万円から最高額は500万円までと、用途に関係なく融資が受けられるプロミスは、保証人や担保の必要がなく、アルバイトや学生や主婦や自営業などと、さまざまな方達に便利に利用する事ができて、融資が即日に受けられる事が出来ます。
(⇒プロミスの審査と職業の関係についておすすめ記事

プロミスの窓口への来店が不要で、インターネットで申込みが簡単に出来るので、お金が必要になった時には誰にも知られる事もなく、手軽で安全に利用する事ができます。