プロミスのカードローン(フリーローン)の審査を受ける上で、気になっていることがありますので質問させていただきます。その内容は、審査を受けるときには必ず「信用調査があるかどうか」です。

というのも、私は以前自己破産をしていまして、信用調査を受けるとその事実がプロミスにバレてしまうのでは…ということなんです。

自己破産の理由は、よく物事がわからない年齢の頃に友人の言葉を受けて簡単に連帯保証人になってしまい、抱えきれないほどの借金を背負うことになってしまったからです。大昔に連帯保証人になっていたものがいまさら…という感じでしたが、なってしまったことは事実でしたし、金額も簡単に返済できるものではありませんでしたので自己破産の道を選びました。

こういった理由のもとでの自己破産ですが、会社側にはわからないので審査に落ちてしまうのでは…と不安なところがあるんです。在籍確認はいくらでもしてもらって構わないんですが、信用調査だけは出来れば避けたいところなんです。やはりどうにもならないでしょうか。

信用情報は必ず目を通すことになります。しかし審査に通ることも

お金を借りるうえで、あなたの名前で信用情報がどうなっているか調べることは必ず避けられないといってもいいでしょう。もちろんそれはあなたの年収などの情報に加えて、過去に金融関係のトラブルがなかったかどうかを確認するためです。銀行であっても、消費者金融であっても必ず信用情報について調査を行いますので、いくら信用情報を見ないで欲しいといっても無理なお願いにしかなりません。

ただ、自己破産したからといって必ずお金が借りられないわけではありません。自己破産などの情報は約10年程度信用情報に残っていると言われています。このあたりは信用情報を取り扱う会社・機関によって違いますのでひとくちに同じ年数とは言えません。自己破産したのがかなり前の話なのであれば現在の信用情報には残っていませんので信用情報を閲覧されても問題はないように思えます。
(⇒自己破産者でもプロミスで借りられる?

つい2年や3年前自己破産したのであれば信用情報にしっかりと情報が残っていることになります。しかし、プロミスの場合そのような方でもお金を借りることが出来た…といった情報もありますので、自己破産したから必ずお金が借りられないというわけでもないようです。ダメでもともと、といってしまってはあれかもしれませんが、一度審査を受けてみる価値はあるのではないでしょうか。

プロミスの信用調査はどんなことが重要なのか

プロミスはCMでもおなじみで三井住友銀行グループなので、安心して利用ができる消費者金融のひとつです。特に人気の理由としてあげられるのが、利用限度額内で自由に出し入れができるフリーキャッシングです。

プロミスを利用したいと思ったとき、利用者として一番気になることと言えば信用調査の内容ではないでしょうか。個人の信用情報というのは、お金を借りることができるか、またどれくらいの借入額になるか、というようなことが決まる非常に大事なことです。いわゆる審査です。

プロミスの場合は、インターネットで簡単に手続きをすることができます。申込みをする前に、ネット上で簡単な自動審査を行います。契約をする前に簡単な審査によって自分が借りることができるのか、どれくらいの限度額なのかの目安をある程度知ることができるので契約しやすいのが良いところです。

最初に行うコンピューターの信用調査としては、生年月日、税込み年収、現在の他社からの借入金額により診断します。あくまで簡易的なものなので、実際に第一段階として最低限の目安を知ることができるというものです。借入限度額に関しては、実際に申込みをすると実際の正確なものを知ることができます。

どこの金融会社でもそうですが、ある程度の診断項目は大体決まっています。信用調査でよりよい結果であるのは、やはり勤続年数が長く継続的に安定した収入があること、他の会社からの借入額がゼロかもしくはなるべく少ないこと、今までに金融事故がないこと、などがもっとも重要な項目であると言えます。年収は少なくても、今まで金融事故を起こしたことがない、もしくはキャッシングを利用してきちんと返している、といった実績などがあれば信用度は高くなります。

プロミスに限ったことではありませんが、審査の際に嘘の申告をしてしまうのは絶対にやめましょう。特にすぐにばれてしまうであろう他社からの借入の有無はきちんと申告することが大事です。

【参考ページはこちら】
プロミスはブラックリストでも借り入れできるの?