定年退職した父が、最近ずっと家にいても暇だからとよく出かけるようになりました。それについては私もずっと家にいて何もしないというのも楽しくないと思うので外に出ることについては賛成でした。そこまではよかったのですが、父がお金のかかる趣味にはまってしまって…。

それは、「鉄道」なんです。確かに父は昔から電車が好きで、私や母など家族を連れて電車で旅行に行ったりすることも多かったです。写真を撮るのが好きだったのもありますし、時間が余っていることもあって久々に熱が出てしまったんでしょうね。

出来る範囲で楽しむのは全く構いませんが、最近エスカレートしだしてわざわざ県外まで撮影のために遠征したり、なかなか手に入れることが出来ない切符が欲しいからとオークションに手を出したり…。

言ってはあれですがうちは裕福なほうではないですし、父も現在年金以外収入があるわけではないのであまりお金がかかる趣味はちょっと…って感じなんです。毎月お小遣いが決まっているんですが、それではお金が足りないからとカードローンにまで手を出しそうな勢いで困ってます。

確かカードローンには申し込みの年齢に上限があったような気がします。父はプロミスで借りるつもりのようなんですが、プロミスの年齢上限はいくつでしょうか?父がひっかかりそうならそれを言って諦めさせようと思って…。

プロミスの場合、年齢上限は「69歳」となっています

プロミスの申し込み年齢の上限は69歳です。それを超える年齢の方はいくら収入があってもプロミスからお金を借り入れることは出来ません。

また、プロミスでは年金受給のみしか収入がない方は申し込みが出来ないようですので、もしお父様の年齢が69歳以下であっても年金受給だけではプロミスからの借り入れは出来ませんので、そのあたりから「お父さんではプロミスでお金を借りられないよ」と教えてあげるのがいいかもしれませんね。

仮に年齢が69歳以下で年金以外に収入がある方であればプロミスからお金を借りることが可能なようです。お父様の例とは違いますが、今後そのようなことがあるかもしれませんので、一応の参考になさってください。

【参考ページはこちら】
今年70歳になる父、プロミスを利用できる?

プロミスのフリーキャッシングに申し込める年齢上限

大手消費者金融業者のプロミスが提供している個人向けの無担保ローンは、フリーキャッシングという商品名が付けられています。名前が示すように、生活費や旅行、買物等の自由な場面で使う事ができる商品です。審査に申し込む時に準備しなくてはならないのは運転免許証や健康保険証等の身分証明書のみであり、担保や保証人は必要がありません。

フリーキャッシングは、安定した収入がある20歳以上の国内に居住している人を対象としています。継続的に収入を得ているアルバイトやパートタイムも対象に含まれます。主婦や学生でも利用する事が可能ですが、申し込み者本人が安定した収入を得ているという事が条件となっているので、収入を得ていない専業主婦の場合は対象には含まれていません。(こちらもご参考に→無職でもプロミスは利用できるの?

さらにフリーキャッシングには、年齢上限も設定されています。満年齢20歳以上69歳以下としているので、70歳以上の人は申し込む事は出来ません。年齢上限は、申し込み時だけではなく借入に対しても規定されています。

プロミスの会員規約の第3条の6に、利用者が満70歳になった時点で新規借入を中止するとしています。これ以降は新たな借入を出来なくなるので、返済のみの利用という事になります。つまり、プロミスのフリーキャッシングは69歳以下を対象とした商品という事です。

プロミスのフリーキャッシングのルールは、毎月指定の金額を遅れずに返済するという事です。一定以上の返済能力がある人だけが利用できるという事になります。20歳未満の利用が認められていないのは、返済能力ではなく責任能力がない事が理由です。

民法では未成年者単独で行った法律行為は、無効にする事が出来るとしています。これは、責任能力がないとみなされるからです。フリーキャッシングにおいての法律行為とは、契約の事を指します。契約を行うための責任能力を持っていない人は、利用対象外となってしまいます。

年齢上限が設定されているのは、返済能力と関係しています。年齢が高くなるにつれて、安定した収入を継続して得る事は難しくなると考えられてしまうからです。