失業したために生活に困り借金をした後、結局支払いができず、自己破産をしたことがあります。自己破産してから既に10年経っていますが、最近転職した関係で生活費が少し足りないのでまたプロミスに申込みしたいと思っています。自己破産していてもプロミスで借り入れできますか?

自己破産後、10年以上経てば借り入れできる可能性もある

通常、自己破産後は借り入れはできません。これは銀行に限らず、消費者金融であるプロミスも変わりません。何故なら、支払いができず破産したのですから、今後も借りても返済の見込みがないと考えるのが普通ですよね。

消費者金融の融資の審査は、一般的に銀行の融資の審査に比べゆるいですが、自己破産については明らかに返済能力がないと判断できるため、審査のゆるさは関係なく、融資が受けられません。

では、自己破産した場合には一生借り入れができないのでしょうか。実はできる場合があります。自己破産から10年以上経てば、ブラックリストから記録がなくなり、借り入れができる場合があるのです。しかし、10年以上経っても、全く借り入れができない場合もあります。この違いは何なのでしょうか。(こちらもご参考に→ブラックでもプロミスなら借りられる可能性がある?

自己破産とは、債務に対して裁判所が支払いの義務を免除することです。支払い義務が免除されただけなので、実は債務は残ったままになっています。つまり、支払いはしなくていいけど、借金は残ったまま、ということです。

借金の債務は、業者が返済の勧告をしなければ、通常5年で時効になります。時効になれば、借金自体も消えますから、信用情報にも借り入れ残高はないことになります。このために年数の経過で自己破産後でも借り入れが再開できるのです。

しかし一方でどんなに年数が経っても借り入れが業者も存在します。それは、自己破産当時にお金を借りていた業者です。信用情報から借り入れ残高が消えても、その業者自体には過去にその人が借金を踏み倒した要注意人物であるという記録は残ってしまいます。

例えばプロミスで過去に借りていて、自己破産した場合には、何年経ってもプロミスに借金を踏み倒した履歴が残りますから、プロミスでは借り入れはできないでしょう。

プロミスに限らず、自己破産直後は信用情報に自己破産の事実が記載されていますから借り入れができません。10年程度経って債務が時効を迎えても、プロミスに限らず、同じ業者では借り入れができませんので、注意が必要です。

【参考ページはこちら】
審査がゆるいプロミス、本当にすぐ借りられる?

自己破産後、借り入れプロミスは通るかな?

自己破産後、借り入れプロミスで審査に合格できるかどうか?これはどの程度信用を得ることができるのかによって合否は変わってきますが、基本的に自己破産をすると大きく信用を失うことになるので、プロミスに限らず金融会社から信用を得ることは難しくなることを知っておかなければなりません。

この信用というのは実際にプロミスへ申し込みをして審査を受けてみなければ、どの程度信用を得ることが出来ているのかを確認することができません。仮に不合格となってもお金を借りれないというデメリット以外に損をすることはないので、一度申し込みをしてみると良いです。

自己破産後、借り入れプロミスで不合格になってしまった場合は他の金融会社へ申し込む、あるいは信用情報が回復するまで期間を空けるかどちらかの選択になります。信用情報は一定期間で回復するので、永遠に信用が下がったままというわけではありません。もし不合格になったら期間をおいて再びプロミスへ申し込みをしてみると良いです。

他の金融会社へ申し込みをしようと考える場合、なるべく審査の基準が低いと評判の会社を選ぶ必要があります。信用が落ちている状況でも、審査基準が低い会社なら合格できる可能性があるので、しっかりと申込先を探してみると良いです。(こちらもご参考に→プロミスと他社のカードローンを徹底比較!

金融会社を探すときはインターネットをうまく活用して、審査に合格しやすいところを見つけたいところです。インターネットなら様々な金融会社の情報を調べることができ、口コミ掲示板などを利用すると信用が落ちている状態でも審査に受かることが出来たという情報を見れることがあります。
(⇒プロミスの口コミ評判はどうなの?

審査の甘い会社を探す時に一点だけ気を付けておくことは闇金です。闇金は無審査などかなり嬉しい内容で申し込みを誘惑しているので、簡単に悪徳な会社にひっかからないように気を付けておかなければなりません。まともな会社でお金を借りなければ大きな被害を被ることになるので注意が必要です。