恥ずかしい話、慰謝料を払うことになってしまって、まとまったお金が即金で必要です。分割なら今の収入で充分いけるんですが、一括じゃないとだめだと言われたので、切実に困っています。家を売れば払えるとは思うんですけど、やっぱり気に入って買ったマイホームを売りたくはないので、一旦お金を借りて払いたいなと…。

無担保では借りられる金額が少なくて全然足りないので、自分の家を担保にして、借りられる金額を増やせないかなと思ってます。不動産を担保にしたらプロミスではいくらくらいまで借りられますか?

プロミスでは不動産担保の融資は実施していない

結論から言うと、プロミスでは不動産を担保とした融資は行っていません。不動産担保で借りられる金額は0円です。

プロミスで提供している融資の商品は次の4つです。フリーキャッシング、貸金業法に基づくおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンです。

フリーキャッシングは使途が自由なキャッシングです。日々の買い物や旅行、生計費などさまざまに利用できますので、一般的にはこのキャッシングを申込む方が大半だと思います。

貸金業法に基づくおまとめローンは、プロミス以外での借り入れがある人が借り入れをプロミスにまとめて返済していく場合に使えるキャッシングです。

自営者カードローンは、自営業者だけが申し込めて、生計費か事業費に使えるキャッシングです。

目的ローンは結婚資金や介護費用など、使途が明確に決まっている場合に使えるキャッシングです。

これら4つの融資商品は、使途によって融資の商品名や融資限度額は異なりますが、いずれの商品も、実は担保や保証人が必要ありません。逆に言うと、担保を入れることができません。不動産を担保にして、借り入れ額を増やすということができないのです。

以前はプロミスをはじめ、消費者金融の多くは不動産担保ローンを提供していました。しかし、現在では消費者金融大手では、一社のみしか提供していません。それも融資対象は個人事業主か法人にのみで、個人が生計費に使うためには不動産担保ローンは提供されていません。

バブル時代は不動産を担保にしての融資はたくさんありました。合わせてバブル時代には地価が高騰し、不動産担保での融資は高額になっていました。しかし、バブルが崩壊して、支払いができなくなった消費者は多く、不動産を手放す人も増えました。しかし、バブル崩壊後は地価も下落し、売れない土地も多かったようです。

このような背景から消費者金融は不動産担保ローンで多大な損害をこうむり、プロミスをはじめ、消費者金融では不動産担保ローンを提供するのをやめてしまったようです。

現在はプロミスをはじめ、大手消費者金融では不動産担保での個人向け融資は行っていませんので、無担保のフリーキャッシングを利用するほかないでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの借り入れ・借金に関するおすすめ記事はこちら

プロミス不動産担保を選んで借入を行う場合

プロミス不動産担保では、ご自信の不動産を担保に借入を行う事が出来て、その価値に対応した借入限度額などを設定する事となります。もちろん登記簿謄本などの書類などが必要となって抵当などを設定される訳ですが、そうした取り引きに対する事で、支払いの滞りなどがない様にしっかりと借りる際にも返済予定を立てて借入を行う必要性があります。

消費者金融業者のプロミスの接客対応は、お客さんの親身になって対応してくれて融通がきくところなどがとても受け入れられています。そう言った接客対応に対する評価などはかなり高く、困ったお客さんにあらゆる商品の提案を行ってその状況での借入を少しでも楽に行える様な工夫がされています。

こうしたプロミス不動産担保と言った借り入れの方法なども、やはりお金に困った人にとっては、どうしても必要な目先のお金の状況を改善する為に、不動産を担保に借り入れが出来ると言った事ですが、そう言った物件に対しての借り入れを行う事は、本当にもしもの状況で返せなくなれば、差し押さえなどで不動産を獲られる事にもつながります。

しかしそう言った状況でも借入をしたいと考えているお客さんとしてもそう言った状況にならない為にも、ちゃんと返済計画を立てて返済に取り組む事を考えている様です。

不動産担保などでも借り入れが出来る消費者金融業者のプロミスでは、勿論これからの取り引きに関して円滑に行う為に、しっかりとした審査は当然の事ながら行われて、返済が生活を圧迫する事の無い様な借入を行う様な審査を行っています。無理な貸付をする事で生活が苦しくなる事も考えられる為当然の対応ともなりますがその辺りの事なども、しっかりとプロミスとしては対応出来ている事が望まれます。

消費者金融業者としても当然の事ながら、そう言った与信審査などはしっかりと行われて、借入限度額なども与信審査に応じた物が適応されて行われる事になります。プロミス不動産担保も利用する為の一つの選択肢とはなる様です。