プロミスで借り入れ申し込みをしましたが、審査が通らず借り入れができませんでした。過去に自己破産をしたので、ブラックリストに載ってしまっていて、そのせいでプロミスの審査が通らないんでしょうか。

信用情報に事故記録があると審査が通りにくい

ブラックリストという名前はよく聞きますが、そもそもブラックリストという名前のリストは存在しません。では、ちまたでささやかれているブラックリストとは一体なんなのでしょうか。

プロミスが融資を行う際の審査では、信用情報を提供する会社(CIC)に融資希望者の信用情報を確認します。この信用情報に、過去の自己破産、借り入れ残高、どこで借りているかなどの情報が記載されています。

プロミスでも過去のプロミスにおける顧客情報を保存しており、融資希望者が審査を申し込んだ時に、過去のプロミスでの取引履歴を確認しています。この情報の中には、過去の延滞者のリストも含んでいます。

もし過去にプロミスでの取引がなければ、CICの情報と融資希望者の提出した個人情報を元にして審査を行うことになります。ブラックリストなどではなく、さまざまな情報から審査を行っているんですね。(こちらもご参考に→ブラックだけどプロミス利用できるの?

ここまでを見ると、ブラックリストは出てきていませんね。実は一般的にブラックリストであるかのように言われているのは、CICの提供する信用情報と、各消費者金融が保存する信用情報のことなのです。

信用情報の中には、借り入れ残高等が記載されているといいましたが、自己破産の記録がついているといいました。この信用情報の中には、延滞した事実も残ります。61日以上支払いを延滞をしたことや、自己破産をしたことは、「金融事故」にあたり、信用情報に書き込まれます。この状態をブラックになるといい、金融業界では昔「ブラックリスト入り」という表現をしていました。

「ブラックリスト」という単語が出てきたので、ここで勘違いしがちですが、融資をしてはいけない人物のリスト、というものはありません。飽くまで融資の際の審査は、CICの信用情報や、各消費者金融で管理している延滞者リスト等を元に行っているのです。

自己破産をしたせいでブラックリストに載って一生借りられない、ということはありませんが、自己破産は信用情報に傷をつけてはしまいます。自己破産直後は、もちろん信用情報に自己破産の記録もつきますから、借り入れはプロミスだけでなくほかの消費者金融でも、もちろんできないでしょう。

通常、自己破産をした後には10年程度で再び消費者金融から借りられるという例が多いようです。これは、自己破産後に債務の時効を迎え、信用情報からも借り入れ残高が消えるためと考えられています。

自己破産をして何年も経っているのに、借りられない場合には、プロミスで以前借り入れがあり、自己破産によって借り入れを踏み倒してしまった可能性が考えられます。プロミスの過去の延滞者のリストに載ってしまっているため、プロミス内での信用が下がってしまっているのです。

延滞による金融事故の信用の低下はおおよそ5年程度は回復できないと言われていますので、過去の延滞や、自己破産のせいで審査が通らず借り入れができない場合は、時間をかけての信用回復が必要そうですね。

【参考ページはこちら】
ブラックリスト入りでもプロミスでお金借りられる?

プロミスの審査はブラックリストに載っていないことが大切!

これからプロミスを利用しようと思ってる方もいらっしゃるかもしれません。プロミスで借入を申し込むためには、まず審査に通過する必要があります。審査では利用者の属性がチェックされますが、返済能力があると認められれば審査に通過できます。

ただしブラックリストに載せられているなど、過去に金融事故を起こした履歴がある場合は通過するのが難しくなります。まずはプロミスの申込み条件について、公式ホームページで確認しておきましょう。ホームページで紹介されている申込み条件は、「年齢20?69歳のご本人に安定した収入のある方」です。

また、「主婦や学生でも、パート・アルバイトなどで安定した収入がある場合は利用可能」とも紹介されています。まずはこの2つの条件に適うことが大切です。

これに加えて申込者の属性チェックが行われます。この属性チェックではさまざまな項目が審査されますが、クリアできる項目が多いほど通過できる確率が高くなります。具体的に判定される項目は、年齢、年収、居住形態、居住年数、家族構成、勤務先、勤続年数、電話区分などがあります。さらにこれに加えて、信用情報も審査対象となります。
(⇒どんな属性でもプロミスの審査は甘い?

まず年齢については、20~69歳であれば利用可能となっています。年収はその額が大事ですが、多ければ多いほど判定は有利になります。収入の安定性も返済能力を知るバロメーターになりますが、勤務先の規模が大きければ収入の安定性があるとみなされます。

また本人の勤続年数が長いことも収入の安定性をアピールするものとなります。家族構成で重要なポイントは、独身か家族持ちかという点です。

家族が多いほうが保証人が多く確保できるため、独身よりも有利になるといわれます。居住形態は、持ち家に住んでるほうが借家よりも有利になるようです。信用情報については、過去に金融事故を起こしてブラックリストに載せられていないことが大事です。他にも自己破産、債務整理などの過去があれば、判定は不利になります。