近々引っ越すので、不足分を補うためプロミスからキャッシングサービスを受けようと思っているのですが、何分初めてキャッシングを利用するので、分からないことも多く、不安な気持ちもあります。

現在の自分の状況でキャッシング出来るのか、私なりに調べてみたところ、お金を借りるには審査に通る必要があることが分かりました。その過程で仮審査というものもあったのですが、これは一体どのようなものなのでしょうか?また、仮審査に通れば、審査にもほぼ通ると考えて良いのでしょうか?

仮審査とは本審査を簡略化したもので審査の指針となるものです

プロミスのホームページには、簡単な情報を入力するだけで審査できる3秒診断といわれる仮審査があります。キャッシングをするのが初めての方や、自分の現在の状況でキャッシングができるかどうか不安な方には、ある程度審査が通るか分かるのでオススメです。仮審査といえどもあなどることは出来ません、主に自分の年収、生年月日、他のキャッシング会社から融資を受けている場合はいくら借りているかを入力します。
(⇒プロミスの審査シミュレーションはOKでも本審査に落ちる?

この情報によって機械的に信用情報と照らし合わせて、今まで借金の延滞はをしていないか、ブラックリストに載っていないかなど様々なことを確認するのです。仮審査とはいえ、審査に重要な情報を調べるので、本審査に通るかどうかの指針になると言っても良いでしょう。実際、プロミスでは仮審査に通ったら、ほぼ本審査に通り融資を受けることが可能といった傾向が多いです。仮審査を通ることが出来たらほぼ安心していいと言って良いでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査に関するおすすめ情報はこちら

プロミスの融資を受ける前の仮審査での大切なポイント

融資における審査は、段階的に行われるケースがあります。これは第一段階の仮審査と、最終段階の本審査です。プロミスで行われている仮審査は、与信を決めるという役割があるもので、この業者では自動的な審査方法を採用していることから、短時間で審査結果が判明するようになっているのです。そして、個々の申請者の信用情報を参照し、延滞や自己破産などの履歴が無いかを確認して審査の合否を決定しているのです。これは機械的に行われる審査であることから、簡略化されたものとなります。

プロミスでは、この仮審査でおおよその与信が決定した後に、独自の基準による本審査を実施します。この審査基準は、融資を提供する金融機関により異なるもので、大手銀行系の融資とは異なり、審査基準が緩和されている消費者金融系のサービスならば、比較的簡単に審査に通ることができます。プロミスの場合は、審査基準も良心的なものとなっており、多くの方が利用しやすいように配慮されているのです。

この審査は基本的にサービスを申し込んだ方の属性が評価されるものです。これは融資を希望した方が申込書に記入した情報を照会したり、自社の保有するデータと照合し、新規申込者を審査するというものです。この個人情報は融資を提供する業者が重視している事が知られており、この属性の中でも幾つかの項目は、審査の合否に大きな影響を与えるものとなるのです。

この属性で重視されているものには職業があり、高収入という条件が優遇されるわけではなく、安定しているという雇用の面の安定性が重要な要素として判断されます。そのため、高収入の自営業者よりも、大企業の会社員の方のほうが、審査では高く評価されることがあります。
(⇒プロミスの審査は勤続年数もチェックされる?

また、年収という条件も影響することになり、規制の関係から申込者の年収に応じて融資できる金額の上限が決まっています。そのため、この一定の割合を超える融資は受けられないということを、審査の前には把握しておく事も重要なのです。